このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019013311) MGAT2阻害活性を有する縮合環誘導体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/013311 国際出願番号: PCT/JP2018/026417
国際公開日: 17.01.2019 国際出願日: 13.07.2018
IPC:
C07D 471/04 (2006.01) ,A61K 31/438 (2006.01) ,A61K 31/444 (2006.01) ,A61K 31/497 (2006.01) ,A61K 31/501 (2006.01) ,A61K 31/506 (2006.01) ,A61K 31/527 (2006.01) ,A61P 3/00 (2006.01) ,A61P 3/04 (2006.01) ,A61P 3/06 (2006.01) ,A61P 3/10 (2006.01) ,A61P 9/10 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01) ,C07D 471/10 (2006.01) ,C07D 491/20 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
471
縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,少なくとも1個の環が1個の窒素原子をもつ6員環であり,451/00から463/00に属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソー縮合系
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
438
環が炭素環系又は複素環系とスピロ縮合しているもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
435
環異種原子として1個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.炭素環系と縮合したもの
44
非縮合ピリジン;その水素添加誘導体
4427
さらに複素環系を含有するもの
444
環異種原子として窒素を有する6員環を含むもの,例.アムリノン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495
環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
4965
非縮合ピラジン
497
さらに複素環を含む非縮合ピラジン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495
環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
50
ピリダジン;水素添加ピリダジン
501
縮合することなく,さらに複素環を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495
環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
505
ピリミジン;水素添加ピリミジン,例.トリメトプリム
506
縮合することなく,さらに複素環を含有するもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
495
環異種原子として2個の窒素のみを有する6員環を持つもの,例.ピペラジン
505
ピリミジン;水素添加ピリミジン,例.トリメトプリム
527
スピロ縮合したもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
04
食欲減退薬;抗肥満薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
06
高脂血症治療剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
08
グルコースホメオスタシスのためのもの
10
過血糖症のためのもの,例.糖尿病治療剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
9
循環器系疾患の治療剤
10
虚血,アテローム性動脈硬化症の治療のためのもの,例.抗アンギナ,冠状動脈拡張剤,心筋梗塞,網膜症,脳血流障害,腎臓細動脈硬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
471
縮合系中に異項原子として窒素原子のみを含有し,少なくとも1個の環が1個の窒素原子をもつ6員環であり,451/00から463/00に属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
10
スピロ―縮合系
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
491
縮合系中に異項原子として酸素原子のみを持つ1個以上の環と異項原子として窒素原子のみを持つ1個以上の環とを含有し,451/00から459/00まで463/00,477/00,または489/00に属さない複素環式化合物
12
縮合系が3個の複素環を含有するもの
20
スピロ―縮合系
出願人:
塩野義製薬株式会社 SHIONOGI & CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区道修町3丁目1番8号 1-8, Doshomachi 3-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410045, JP
発明者:
野津 浩平 NODU Kouhei; JP
舘野 佑介 TATENO Yusuke; JP
枡田 健吾 MASUDA Kengo; JP
西浦 祐二 NISHIURA Yuji; JP
佐々木 義一 SASAKI Yoshikazu; JP
日向 優 HINATA Yu; JP
代理人:
杉田 健一 SUGITA Ken-ichi; JP
渡部 秀昭 WATANABE Hideaki; JP
優先権情報:
2017-13767814.07.2017JP
発明の名称: (EN) FUSED RING DERIVATIVE HAVING MGAT-2 INHIBITORY ACTIVITY
(FR) DÉRIVÉ À CYCLE CONDENSÉ AYANT UNE ACTIVITÉ INHIBITRICE DE MGAT2
(JA) MGAT2阻害活性を有する縮合環誘導体
要約:
(EN) The present invention provides a compound represented by formula (I). (I) (In the formula: (2) is (3) or the like; y is 0 or 1; R1 is hydrogen or the like; R2a and R2b combine with an adjacent carbon atom to form ring B; ring B is a substituted or unsubstituted non-aromatic carbon ring or the like; R3a is hydrogen or the like; R3b is hydrogen or the like; R4a is formula (6); L1 is a single bond or the like; L2 is -C(=O)- or the like; L3 is a single bond or the like; R7 is a substituted or unsubstituted alkyl or the like; R4b is a substituted or unsubstituted alkyl or the like; and each R4c is independently a halogen or the like)
(FR) L’invention fournit un composé représenté par la formule (I). (I) (dans la formule, (2) représente (3), ou similaire ; y vaut 0 ou 1 ; R représente un hydrogène, ou similaire ; R2a et R2b forment un cycle B avec des atomes de carbone voisins ; le cycle B consiste en un cycle carboné non aromatique substitué ou non substitué, ou similaire ; R3a représente un hydrogène, ou similaire ; R3b représente un hydrogène, ou similaire ; R4a représente la formule (6) ; L représente une liaison simple, ou similaire ; L représente -C(=O)-, ou similaire, L représente une liaison simple, ou similaire ; R représente un alkyle substitué ou non substitué, ou similaire ; R4b représente un alkyle substitué ou non substitué, ou similaire ; et R4c représentent, chacun indépendamment, un halogène, ou similaire)
(JA) 本発明は、以下の式(I)で示される化合物を提供する。 (I) (式中、 (2)は(3)等 yは0または1であり;Rは水素等であり;R2aおよびR2bは、隣接する炭素原子と一緒になって、環Bを形成し;環Bは置換もしくは非置換の非芳香族炭素環等であり;R3aは水素等であり;R3bは水素等であり;R4aは、式: (6) Lは単結合等であり;Lは-C(=O)-等であり;Lは単結合等であり;Rは置換もしくは非置換のアルキル等であり;R4bは置換もしくは非置換のアルキル等であり;R4cはそれぞれ独立して、ハロゲン等である)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)