このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019013258) 光制御性のウイルスタンパク質、その遺伝子、及びその遺伝子を含むウイルスベクター
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/013258 国際出願番号: PCT/JP2018/026211
国際公開日: 17.01.2019 国際出願日: 11.07.2018
IPC:
C12N 15/40 (2006.01) ,C07K 14/08 (2006.01) ,C07K 19/00 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 15/62 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
31
微生物蛋白質,例.エンテロトキシン,をコードする遺伝子
33
ウイルス蛋白質をコードする遺伝子
40
RNAウイルス由来の蛋白質,例.フラビウイルス
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
005
ウイルスから
08
RNAウイルス
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
19
ハイブリッドペプチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
62
融合蛋白質をコードするDNA配列
出願人:
国立大学法人 東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO [JP/JP]; 東京都文京区本郷七丁目3番1号 3-1, Hongo 7-chome, Bunkyo-ku, Tokyo 1138654, JP
発明者:
谷 憲三朗 TANI, Kenzaburo; JP
佐藤 守俊 SATO, Moritoshi; JP
竹田 誠 TAKEDA, Makoto; JP
田原 舞乃 TAHARA, Maino; JP
代理人:
青木 篤 AOKI, Atsushi; JP
三橋 真二 MITSUHASHI, Shinji; JP
渡辺 陽一 WATANABE, Yoichi; JP
中島 勝 NAKAJIMA, Masaru; JP
武居 良太郎 TAKEI, Ryotaro; JP
津田 英直 TSUDA, Hidenao; JP
優先権情報:
2017-13557911.07.2017JP
発明の名称: (EN) OPTICALLY CONTROLLED VIRUS PROTEIN, GENE THEREOF, AND VIRUS VECTOR CONTAINING SAID GENE
(FR) PROTÉINE VIRALE À CONTRÔLE OPTIQUE, GÈNE CODANT POUR CELLE-CI ET VECTEUR VIRAL CONTENANT LEDIT GÈNE
(JA) 光制御性のウイルスタンパク質、その遺伝子、及びその遺伝子を含むウイルスベクター
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to develop a virus vector, the activity of which is rendered controllable. A virus protein gene derived from an RNA virus is provided in which a gene encoding an optical switch protein is inserted into a foreign gene introducible region of the virus protein so as to enable expression of the gene. By means of this virus vector, it is possible to control, with irradiation of light, enzyme activity of the virus protein and virus vector activity based thereon.
(FR) L'objet de la présente invention est de développer un vecteur viral dont l'activité peut être contrôlée. Un gène codant pour une protéine virale dérivé d'un virus à ARN dans lequel un gène codant pour une protéine à commutation optique est inséré dans une région d'introduction de gène étranger de ladite protéine virale est utilisé de façon à permettre l'expression du gène. Ce vecteur viral permet de contrôler, par exposition à la lumière, l'activité enzymatique de la protéine virale et l'activité du vecteur viral basée sur celle-ci.
(JA) ウイルスベクターの活性の制御を可能とするウイルスベクターの開発を目的とする。ウイルスタンパク質の外来遺伝子導入可能領域に、光スイッチタンパク質をコードする遺伝子が発現可能に挿入された、RNAウイルス由来のウイルスタンパク質遺伝子を提供することによる。このウイルスベクターにより、ウイルスタンパク質の酵素活性並びにそれに基づくウイルスベクターの活性を、光の照射により制御できる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)