このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019013255) 核酸送達用組成物及び核酸含有組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/013255 国際出願番号: PCT/JP2018/026199
国際公開日: 17.01.2019 国際出願日: 11.07.2018
IPC:
A61K 47/34 (2017.01) ,A61K 9/10 (2006.01) ,A61K 9/14 (2006.01) ,A61K 31/7088 (2006.01) ,A61K 31/7105 (2006.01) ,A61K 31/713 (2006.01) ,A61K 47/42 (2017.01) ,A61K 48/00 (2006.01) ,A61P 19/02 (2006.01) ,A61P 29/00 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,C12N 15/113 (2010.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
34
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9
特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
10
分散剤;乳剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9
特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
14
粒状剤,例.散剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
7105
天然のリボ核酸,すなわちアデニン,グアニン,シトシンまたはウラシルに結合したリボースのみを含み,3’-5’ホスホジエステル結合を持つもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
713
2本鎖の核酸またはオリゴヌクレオチド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
42
蛋白質;ポリペプチド;それらの分解生成物;それらの誘導体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48
遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
19
骨格系疾患の治療剤
02
関節疾患のためのもの,例.関節炎,関節症
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
29
非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
113
遺伝子の発現を調節する非コード核酸、例.アンチセンスオリゴヌクレオチド
出願人:
学校法人東京薬科大学 TOKYO UNIVERSITY OF PHARMACY AND LIFE SCIENCES [JP/JP]; 東京都八王子市堀之内1432-1 1432-1, Horinouchi, Hachioji-shi, Tokyo 1920392, JP
日産化学株式会社 NISSAN CHEMICAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都中央区日本橋二丁目5番1号 5-1, Nihonbashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1036119, JP
発明者:
金沢 貴憲 KANAZAWA Takanori; JP
高島 由季 TAKASHIMA Yuuki; JP
茨木 ひさ子 IBARAKI Hisako; JP
白石 俊介 SHIRAISHI Shunsuke; JP
中田 叡 NAKATA Ei; JP
入山 友輔 IRIYAMA Yusuke; JP
大塚 敬一朗 OTSUKA Keiichiro; JP
代理人:
特許業務法人 津国 TSUKUNI & ASSOCIATES; 東京都千代田区麹町5-3-1 麹町ビジネスセンター Kojimachi Business Center, 5-3-1, Kojimachi, Chiyoda-ku, Tokyo 1020083, JP
山村 大介 YAMAMURA Daisuke; JP
優先権情報:
2017-13554711.07.2017JP
発明の名称: (EN) NUCLEIC ACID DELIVERY COMPOSITION, AND NUCLEIC ACID-CONTAINING COMPOSITION
(FR) COMPOSITION POUR LIBÉRATION D'ACIDE NUCLÉIQUE ET COMPOSITION CONTENANT UN ACIDE NUCLÉIQUE
(JA) 核酸送達用組成物及び核酸含有組成物
要約:
(EN) Provided are a nucleic acid delivery composition and a nucleic acid-containing composition that have low cytotoxicity and that make it possible to ensure the stability of a nucleic acid drug, increase the intracellular introduction rate, and efficiently express the function of the nucleic acid drug. The nucleic acid delivery composition and nucleic acid-containing composition comprise: a block copolymer in which a polyethylene glycol segment and a hydrophobic polyester segment are connected; and a peptide having 4-30 residues containing at least one selected from the group consisting of arginine and lysine.
(FR) La présente invention concerne une composition pour libération d'acide nucléique et une composition contenant un acide nucléique qui ont une faible cytotoxicité et qui permettent d'assurer la stabilité d'un médicament à base d’acide nucléique, d'augmenter le taux d'introduction intracellulaire et d'exprimer efficacement la fonction du médicament à base d’acide nucléique. La composition pour libération d'acide nucléique et la composition contenant un acide nucléique comprennent : un copolymère séquencé dans lequel un segment de polyéthylène glycol et un segment de polyester hydrophobe sont connectés ; et un peptide ayant 4 à 30 résidus contenant au moins un élément choisi dans le groupe constitué par l'arginine et la lysine.
(JA) 核酸医薬の安定性を確保すると共に、細胞内導入率が高く、効率的に核酸医薬の機能を発現させることができ、かつ低い細胞毒性である核酸送達用組成物及び核酸含有組成物を提供する。 ポリエチレングリコールセグメントと疎水性ポリエステルセグメントとが連結したブロック型コポリマーと、アルギニン及びリジンからなる群より選択される少なくとも一つを含有する4~30残基のペプチドとを含有する、核酸送達用組成物及び核酸含有組成物。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)