このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019013158) はんだ付け用フラックス及びソルダペースト
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/013158 国際出願番号: PCT/JP2018/025860
国際公開日: 17.01.2019 国際出願日: 09.07.2018
IPC:
B23K 35/363 (2006.01) ,B23K 35/26 (2006.01) ,C22C 13/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
36
非金属組成物の選定,例.被覆,フラックス;非金属組成物の選定に関連するハンダ付け材料または溶接材料の選定,両者の選定に関係するもの
362
フラックス組成物の選定
363
ハンダ付けまたはろうづけ用のもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
26
主成分が400°C以下の融点をもつもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
13
すず基合金
出願人:
千住金属工業株式会社 SENJU METAL INDUSTRY CO., LTD. [JP/JP]; 東京都足立区千住橋戸町23番地 23, Senju-Hashido-cho, Adachi-ku, Tokyo 1208555, JP
発明者:
北沢 和哉 KITAZAWA Kazuya; JP
小林 嵩幸 Kobayashi Takayuki; JP
川野 佑介 Kawano Yusuke; JP
代理人:
特許業務法人山口国際特許事務所 YAMAGUCHI INTERNATIONAL PATENT FIRM; 東京都台東区上野3-3-8 ワイゼムビル2F A号室 Waizemu Building 2F #A, 3-3-8, Ueno, Taito-ku, Tokyo 1100005, JP
優先権情報:
2017-13613812.07.2017JP
発明の名称: (EN) SOLDERING FLUX AND SOLDERING PASTE
(FR) FLUX DE BRASAGE ET PÂTE DE BRASAGE
(JA) はんだ付け用フラックス及びソルダペースト
要約:
(EN) The present invention addresses the problem that: if a flux contains an amount of thixotropic agent necessary for obtaining the effect of suppressing a flow due to heating, the amount of flux residue increases, and, if applied for uses that do not involve washing, a large amount of flux residue derived from the thixotropic agent remains around the soldered portions, thereby affecting chemical and electrical reliability; and that washing performance is poor in uses involving washing of the flux residue. Accordingly, this soldering flux contains nanofibers of one or more kinds from among polysaccharides, modified polysaccharides, and incompletely modified polysaccharides being modified from polysaccharides into modified polysaccharides, by an amount of not less than 50 wt ppm and not more than 3000 wt ppm with respect to a total amount of flux.
(FR) La présente invention aborde le problème selon lequel : si un flux contient une quantité d'agent thixotrope nécessaire pour obtenir l'effet de suppression d'un écoulement dû au chauffage, la quantité de résidus de flux augmente, et, s'il est appliqué pour des utilisations qui ne comportent pas de lavage, une grande quantité de résidus de flux dérivé de l'agent thixotrope reste autour des parties brasées, ce qui affecte la fiabilité chimique et électrique ; et la performance de lavage est médiocre dans les utilisations comportant le lavage du résidus de flux. À cet effet, l'invention concerne un flux de brasage contenant des nanofibres d'un ou de plusieurs types parmi des polysaccharides, des polysaccharides modifiés et des polysaccharides partiellement modifiés qui sont modifiés de polysaccharides en polysaccharides modifiés, en une quantité non inférieure à 50 ppm en poids et n'excédant pas 3 000 ppm en poids par rapport à une quantité totale de flux.
(JA) フラックス中に加熱ダレの抑制効果を得るために必要な量のチキソ剤を含むと、フラックス残渣の量が多くなり、無洗浄で使用する用途に適用するとはんだ付け部位の周辺にチキソ剤由来の多量のフラックス残渣が残ってしまい化学的・電気的信頼性に影響を及ぼす。また、フラックス残渣を洗浄して使用する用途では、洗浄性が悪い。 そこで、はんだ付け用フラックスは、多糖類、変性多糖類または多糖類から変性多糖類へ変性途中の未完全変性多糖類のうちの1種以上からなるナノファイバーを、フラックス全量に対して50wt ppm以上3000wt ppm以下含有する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)