このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019013095) 除草剤中間体の製造法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/013095 国際出願番号: PCT/JP2018/025543
国際公開日: 17.01.2019 国際出願日: 05.07.2018
IPC:
C07F 9/52 (2006.01) ,B01J 23/04 (2006.01) ,B01J 23/755 (2006.01) ,B01J 27/08 (2006.01) ,B01J 27/128 (2006.01) ,B01J 27/138 (2006.01) ,C07B 61/00 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
F
炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
9
周期律表の第5族の元素を含有する化合物
02
リン化合物
28
1個以上のP-C結合をもつもの
50
有機ホスフィン
52
ハロホスフィン
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
02
アルカリ金属またはアルカリ土類金属またはベリリウムに関するもの
04
アルカリ金属
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
74
鉄族金属
755
ニッケル
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
27
ハロゲン,硫黄,セレン,テルル,りん,窒素またはそれらの化合物からなる触媒;炭素化合物からなる触媒
06
ハロゲン;その化合物
08
ハロゲン化物
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
27
ハロゲン,硫黄,セレン,テルル,りん,窒素またはそれらの化合物からなる触媒;炭素化合物からなる触媒
06
ハロゲン;その化合物
128
鉄族金属または白金族金属を有するもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
27
ハロゲン,硫黄,セレン,テルル,りん,窒素またはそれらの化合物からなる触媒;炭素化合物からなる触媒
06
ハロゲン;その化合物
138
アルカリ土類金属,マグネシウム,ベリウム,亜鉛,カドミウム,または水銀を有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61
他の一般的方法
出願人:
Meiji Seikaファルマ株式会社 MEIJI SEIKA PHARMA CO., LTD. [JP/JP]; 東京都中央区京橋2丁目4番16号 4-16, Kyobashi 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048002, JP
国立研究開発法人産業技術総合研究所 NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY [JP/JP]; 東京都千代田区霞が関1丁目3番1号 3-1, Kasumigaseki 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008921, JP
発明者:
永田 大貴 NAGATA, Hirotaka; JP
箕輪 宣人 MINOWA, Nobuto; JP
中西 希 NAKANISHI, Nozomu; JP
志村 勝也 SHIMURA, Katsuya; JP
藤谷 忠博 FUJITANI, Tadahiro; JP
代理人:
廣田 浩一 HIROTA, Koichi; JP
流 良広 NAGARE, Yoshihiro; JP
松田 奈緒子 MATSUDA, Naoko; JP
山下 武志 YAMASHITA, Takeshi; JP
優先権情報:
2017-13596312.07.2017JP
2018-06926430.03.2018JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING HERBICIDE INTERMEDIATE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN INTERMÉDIAIRE HERBICIDE
(JA) 除草剤中間体の製造法
要約:
(EN) A method for producing methyl dichlorophosphane, said method comprising a step for reacting methane with phosphorus trichloride in the presence of an additive with the use of a metal compound and/or a metal compound held on a support.
(FR) L'invention concerne un procédé de production de dichlorophosphane de méthyle, qui comprend une étape consistant à faire réagir du méthane avec du trichlorure de phosphore en présence d'un additif à l'aide d'un composé métallique et/ou d'un composé métallique maintenu sur un support.
(JA) メタンと三塩化リンを、添加剤の存在下、金属化合物及び担体に担持された金属化合物の少なくともいずれかを用いて反応させる工程を含むメチルジクロロホスファンの製造方法である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)