このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019009434) 薬物送達用高分子ミセル
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/009434 国際出願番号: PCT/JP2018/026250
国際公開日: 10.01.2019 国際出願日: 06.07.2018
IPC:
C08G 81/00 (2006.01) ,A61K 9/107 (2006.01) ,A61K 45/00 (2006.01) ,A61K 47/28 (2006.01) ,A61K 47/34 (2017.01) ,A61K 47/62 (2017.01) ,A61K 48/00 (2006.01) ,A61K 49/00 (2006.01) ,A61K 51/00 (2006.01) ,A61P 19/10 (2006.01) ,A61P 29/00 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
81
単量体の不存在下に重合体を相互に反応することにより得られる高分子化合物,例.ブロック重合体
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9
特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
10
分散剤;乳剤
107
エマルジョン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45
31/00~41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
06
有機物質
28
ステロイド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
47
使用する不活性成分,例.担体,不活性添加剤,に特徴のある医薬品製剤
30
高分子化合物
34
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
[IPC code unknown for A61K 47/62]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48
遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
49
生体内試験のための製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
51
生体内での治療または検査に用いる放射性物質を含有する製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
19
骨格系疾患の治療剤
08
骨疾患のためのもの,例.くる病,ページェット病
10
骨粗しょう症のためのもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
29
非中枢性鎮痛剤,解熱剤,抗炎症剤,例.抗リューマチ剤;非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
出願人:
学校法人京都薬科大学 KYOTO PHARMACEUTICAL UNIVERSITY [JP/JP]; 京都府京都市山科区御陵中内町5 5, Misasagi-Nakauchi-cho, Yamashina-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6078414, JP
発明者:
勝見 英正 KATSUMI, Hidemasa; JP
山本 昌 YAMAMOTO, Akira; JP
代理人:
高島 一 TAKASHIMA, Hajime; 大阪府大阪市中央区伏見町四丁目1番1号 明治安田生命大阪御堂筋ビル Meiji Yasuda Seimei Osaka Midosuji Bldg., 1-1, Fushimimachi 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410044, JP
優先権情報:
2017-13280506.07.2017JP
発明の名称: (EN) DRUG DELIVERY POLYMER MICELLES
(FR) MICELLES POLYMÈRES POUR L'ADMINISTRATION DE MÉDICAMENTS
(JA) 薬物送達用高分子ミセル
要約:
(EN) The present invention relates to: a compound that is formed by linking the α carbonyl group of aspartic acid directly or via a linker to at least 50% of all of the terminal groups of a dendritic polymer that has a plurality of terminal groups by means of a peptide bond or an ester linkage, by linking a hydrophilic polymer segment directly or via a linker to at least 3% of the total of the terminal amino groups from the aspartic acid and the terminal groups of the dendritic polymer not modified with aspartic acid, and linking a hydrophobic segment directly or via a linker to at least 1% of the total of the terminal amino groups from the aspartic acid and the terminal groups of the dendritic polymer not modified with aspartic acid; and a drug delivery carrier that comprises polymer micelles that self-assemble from the compound. The drug delivery carrier forms micelles when mixed with a drug and thereby makes it possible for the drug to be selectively delivered to bones, which makes it possible to provide useful medicine for the treatment of various bone diseases.
(FR) La présente invention concerne : un composé qui est formé par liaison du groupe alpha-carbonyle de l'acide aspartique directement ou par l'intermédiaire d'un lieur à au moins 50 % de tous les groupes terminaux d'un polymère dendritique qui a une pluralité de groupes terminaux au moyen d'une liaison peptidique ou d'une liaison ester, par liaison d'un segment polymère hydrophile directement ou par l'intermédiaire d'un lieur à au moins 3 % de tous les groupes amino terminaux de l'acide aspartique et des groupes terminaux du polymère dendritique non modifié avec l'acide aspartique, et par liaison d'un segment hydrophobe directement ou par l'intermédiaire d'un lieur à au moins 1 % de tous les groupes amino terminaux de l'acide aspartique et des groupes terminaux du polymère dendritique non modifié avec l'acide aspartique ; et un vecteur d'administration de médicaments qui comprend des micelles polymères qui s'auto-assemblent à partir du composé. Le vecteur d'administration de médicaments forme des micelles lorsqu'il est mélangé avec un médicament et permet ainsi au médicament d'être administré sélectivement aux os, ce qui permet de fournir un médicament utile pour le traitement de diverses maladies osseuses.
(JA) 本発明は、複数の末端基を有する樹状高分子の全末端基数の少なくとも50%に直接又はリンカーを介して、アスパラギン酸のα位カルボニル基がぺプチド結合又はエステル結合により連結し、該アスパラギン酸由来の末端アミノ基及びアスパラギン酸修飾されていない樹状高分子上の末端基の総数の少なくとも3%に、直接又はリンカーを介して親水性重合体セグメントが結合し、且つ前記アスパラギン酸由来の末端アミノ基及びアスパラギン酸修飾されていない樹状高分子上の末端基の総数の少なくとも1%に、直接又はリンカーを介して疎水性セグメントが結合してなる化合物、及び該化合物の自己集合により形成される高分子ミセルからなる薬物送達用担体に関する。本発明の薬物送達用担体によれば、薬物との混合によるミセル形成により、骨へ選択的に薬物が送達されるので、各種骨疾患等の治療において有用な医薬を提供することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)