このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019009130) ガラクトオリゴ糖の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/009130 国際出願番号: PCT/JP2018/024078
国際公開日: 10.01.2019 国際出願日: 26.06.2018
IPC:
C12P 19/14 (2006.01) ,C07H 3/06 (2006.01) ,C08B 37/00 (2006.01) ,C12N 9/24 (2006.01) ,C12P 19/18 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
19
糖類基を含む化合物の製造
14
カルボヒドラーゼの作用による製造,例.α―アミラーゼによるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
H
糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸
3
水素原子並びに炭素,水素および酸素原子のみからなる糖類基のみを含有する化合物
06
オリゴ糖類,すなわち.グリコシド結合により相互に結合する糖類基を3~5個もつもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
B
多糖類,その誘導体
37
グループ1/00から35/00に分類されない多糖類の製造;その誘導体(セルロースD21)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
24
グリコシル化合物に作用するもの(3.2)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
19
糖類基を含む化合物の製造
18
グリコシルトランスフェラーゼの作用による製造,例.α―,β―,またはγ―シクロデキストリン
出願人:
株式会社ヤクルト本社 KABUSHIKI KAISHA YAKULT HONSHA [JP/JP]; 東京都港区東新橋1丁目1番19号 1-19, Higashi-Shinbashi, 1-Chome, Minato-ku, Tokyo 1058660, JP
発明者:
池田 雅和 IKEDA Masakazu; JP
伊藤 雅彦 ITO Masahiko; JP
代理人:
特許業務法人 小野国際特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY OF ONO & CO.; 東京都中央区日本橋箱崎町20-5 20-5, Nihonbashihakozaki-cho, Chuo-ku, Tokyo 1030015, JP
優先権情報:
2017-13076104.07.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING GALACTOOLIGOSACCHARIDE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE GALACTO-OLIGOSACCHARIDE
(JA) ガラクトオリゴ糖の製造方法
要約:
(EN) Provided is a method for producing a galactooligosaccharide, characterized by comprising reacting β-galactosidase with a substrate in the presence of 5 to 60 mM of sodium ions and 0.5 to 8 mM of magnesium ions, whereby it becomes possible to improve the production amount of a tri- or higher galactooligosaccharide and the reaction rate.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'un galacto-oligosaccharide, caractérisé en ce qu'il consiste à faire réagir une β-galactosidase avec un substrat en présence de 5 à 60 mM d'ions sodium et de 0,5 à 8 mM d'ions magnésium, ce qui permet d'améliorer la quantité de production d'un galacto-oligosaccharide à au moins trois unités ainsi que la vitesse de réaction.
(JA) 5~60mMのナトリウムイオン及び0.5~8mMのマグネシウムイオンの存在下で、β-ガラクトシダーゼを基質と反応させることを特徴とするガラクトオリゴ糖の製造方法により、3糖以上のガラクトオリゴ糖の生成量及び反応速度を向上させる方法を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)