このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019009058) グリース組成物およびグリース封入転がり軸受
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/009058 国際出願番号: PCT/JP2018/023222
国際公開日: 10.01.2019 国際出願日: 19.06.2018
IPC:
C10M 169/02 (2006.01) ,C10M 107/02 (2006.01) ,C10M 115/08 (2006.01) ,F16C 19/06 (2006.01) ,F16C 33/66 (2006.01) ,C10N 20/00 (2006.01) ,C10N 20/02 (2006.01) ,C10N 30/08 (2006.01) ,C10N 40/02 (2006.01) ,C10N 50/10 (2006.01)
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
169
いずれも本質的成分であって,先行の各グループに包含される基材,増稠剤または添加剤から選ばれる少なくとも2つのタイプの配合成分の混合物を成分として含有することによって特徴づけられる潤滑組成物
02
基材と増稠剤との混合物
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
107
高分子化合物である基材によって特徴づけられる潤滑組成物
02
炭化水素重合体;酸化により変性された炭化水素重合体
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
M
潤滑組成物;単独の潤滑剤としての,または潤滑組成物の潤滑成分としての化学物質の使用
115
カルボン酸またはその塩以外の非高分子有機化合物である増稠剤によって特徴づけられる潤滑組成物
08
窒素を含有するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
02
1列またはそれ以上の列の中に実質的に同じ大きさの玉をもつもの
04
おもにラジアル荷重用
06
単列の玉をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30
玉軸受またはころ軸受の部品
66
潤滑からみた特別な部品または細部
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
20
潤滑組成物の成分の特定の物理的性質
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
20
潤滑組成物の成分の特定の物理的性質
02
粘度;粘度指数
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
30
潤滑組成物を特徴づける添加剤,例.多機能性添加剤,によって改良された特定の物理的または化学的性質
08
耐極温性
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
40
潤滑組成物が意図する特定の使用または応用
02
軸受
C 化学;冶金
10
石油,ガスまたはコークス工業;一酸化炭素を含有する工業ガス;燃料;潤滑剤;でい炭
N
サブクラスC10Mに関連するインデキシング系列
50
潤滑される材料に使用されている潤滑剤の形態
10
半固体;グリース状
出願人:
NTN株式会社 NTN CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市西区京町堀1丁目3番17号 3-17, Kyomachibori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500003, JP
発明者:
伊藤 元博 ITO Motohiro; JP
代理人:
和気 光 WAKI Hikaru; JP
和気 操 WAKI Misao; JP
優先権情報:
2017-13339607.07.2017JP
発明の名称: (EN) GREASE COMPOSITION AND GREASE-FILLED ROLLER BEARING
(FR) COMPOSITION DE GRAISSE ET ROULEMENT À ROULEAUX REMPLI DE GRAISSE
(JA) グリース組成物およびグリース封入転がり軸受
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a grease composition capable of limiting the occurrence of cold run noise even under extremely low temperature conditions of below -20°C. The grease composition comprises a base oil and a thickening agent and is characterized in that: the base oil has a poly-α-olefin oil as an essential component; the thickening agent is a diurea compound selected from the group consisting of aliphatic diurea compounds, aromatic diurea compounds and alicyclic diurea compounds, and 10 mass% to less than 20 mass% is contained with respect to the total amount of the base oil and thickening agent; and the composition is used at low temperatures below -20°C.
(FR) Le but de la présente invention est de fournir une composition de graisse apte à limiter l'apparition d'un bruit de fonctionnement à froid même dans des conditions de température extrêmement basses inférieures à -20 °C. La composition de graisse comprend une huile de base et un agent épaississant et est caractérisée en ce que : l'huile de base comporte une huile de poly-α-oléfine en tant que composant essentiel ; l'agent épaississant est un composé de diurée choisi dans le groupe constitué des composés diurée aliphatiques, des composés diurée aromatiques et des composés diurée alicycliques, et entre 10 % en masse et moins de 20 % en masse sont contenus par rapport à la quantité totale de l'huile de base et de l'agent épaississant ; et la composition est utilisée à des températures basses inférieures à -20° C.
(JA) -20℃よりもさらに低い極低温条件下であっても、冷時異音の発生を抑制することができるグリース組成物を提供することを目的とする。グリース組成物は、基油と増ちょう剤を含み、基油は、ポリ-α-オレフィン油を必須成分とし、増ちょう剤は、脂肪族ジウレア化合物、芳香族ジウレア化合物、および脂環式ジウレア化合物からなる群から選択されるジウレア化合物であり、基油と増ちょう剤との合計量に対して10質量%以上20質量%未満含まれており、-20℃未満の低温で使用されることを特徴とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)