このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019008803) 巻取スプール、ボンディングワイヤの巻回構造および巻取スプール用スプールケース
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/008803 国際出願番号: PCT/JP2018/002398
国際公開日: 10.01.2019 国際出願日: 26.01.2018
IPC:
H01L 21/60 (2006.01) ,B65H 75/14 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
21
半導体装置または固体装置またはそれらの部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
02
半導体装置またはその部品の製造または処理
04
少なくとも一つの電位障壁または表面障壁,例.PN接合,空乏層,キャリア集中層,を有する装置
50
サブグループ21/06~21/326の一つに分類されない方法または装置を用いる半導体装置の組立
60
動作中の装置にまたは装置から電流を流すためのリードまたは他の導電部材の取り付け
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
H
薄板状または線条材料,例.シート,ウェブ,ケーブル,の取扱い
75
ウエブ,テープ,または線条材料の貯蔵,例.リールへの貯蔵
02
コイリング,巻取りまたは折畳まれた材料のための巻芯,巻枠,支持具または保持具,例.リール,スピンドル,コップ管,かん
04
種類または型式
08
円形または多角形の断面をもつもの
14
両端フランジをもつもの
出願人:
田中電子工業株式会社 TANAKA DENSHI KOGYO K.K. [JP/JP]; 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田2303-15 2303-15 Yoshida, Yoshinogari-cho, Kanzaki-gun, Saga 8420031, JP
発明者:
木村 信行 KIMURA Nobuyuki; JP
大津 幸弘 OTSU Sachihiro; JP
代理人:
宮崎 悟 MIYAZAKI Satoru; JP
優先権情報:
2017-13091004.07.2017JP
発明の名称: (EN) WINDING SPOOL, BONDING WIRE WOUND STRUCTURE AND SPOOL CASE FOR WINDING SPOOL
(FR) BOBINE D'ENROULEMENT, STRUCTURE ENROULÉE DE FIL DE LIAISON ET BOÎTIER DE BOBINE POUR BOBINE D'ENROULEMENT
(JA) 巻取スプール、ボンディングワイヤの巻回構造および巻取スプール用スプールケース
要約:
(EN) One objective of the present invention is to provide a winding spool for bonding wire and a spool case, which are free from winding collapse even when subject to a large impact during transit in cross-border, long-distance transportation. This winding spool for bonding wire is formed from synthetic resin and comprises a trunk section and flange sections, the trunk section having a guide hole coinciding with the central axis, and is characterized in that the elevation angle formed between the trunk section and each of the flange sections is between 77 degrees and 86 degrees (both inclusive) and, given that the bonding wire diameter is "1", the ratio of the trunk section winding width length to the bonding wire diameter is 50-550:1.
(FR) Un objectif de la présente invention est de fournir une bobine d'enroulement pour un fil de liaison et un boîtier de bobine, qui sont exempts d'affaissement d'enroulement même lorsqu'ils sont soumis à un impact important pendant le transfert d'un transport longue distance transfrontalier. Cette bobine d'enroulement pour fil de liaison est constituée de résine synthétique et comprend une section de tronc et des sections de bride, la section de tronc ayant un trou de guidage coïncidant avec l'axe central, et est caractérisée en ce que l'angle d'élévation formé entre la section de tronc et chacune des sections de bride est compris entre 77 degrés (inclus) et 86 degrés (inclus) et, dès lors que le diamètre du fil de liaison est égal à "1", le rapport entre la longueur de la largeur d'enroulement de la section de tronc et le diamètre du fil de liaison est de 50 à 550 : 1.
(JA) 本発明の目的は、国境を越えた長距離の輸送によっても移送中に大きな衝撃が加えられても巻崩れしないボンディングワイヤ用巻取スプールおよびスプールケースを提供することにある。本発明の巻取スプールは、中心軸にガイド穴を有する胴部およびフランジ部からなる合成樹脂製のボンディングワイヤ用の巻取スプールにおいて、当該胴部と当該フランジ部の仰角が77度以上86度以下であり、かつ、当該ボンディングワイヤの直径を1とした場合に対する当該胴部の巻幅長さの割合が50以上550以下であることを特徴とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)