このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019004432) シール部材の製造方法および部材の接合方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/004432 国際出願番号: PCT/JP2018/024818
国際公開日: 03.01.2019 国際出願日: 29.06.2018
IPC:
B29C 65/08 (2006.01) ,B29C 65/70 (2006.01) ,F16B 11/00 (2006.01) ,F16J 15/10 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
65
予備成形品の接合;そのための装置
02
加圧下または非加圧下での加熱によるもの
08
超音波振動を利用するもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
65
予備成形品の接合;そのための装置
70
成形によるもの(特定の成形技術を用いるものは,関連技術を参照)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
B
構造部材または機械部品同志の締め付けまたは固定のための装置,例.くぎ,ボルト,サークリップ,クランプ,クリップまたはくさび;継ぎ手または接続
11
相互にはり付けまたは圧縮することによる構造部材または機械部品の結合,例.冷間圧接
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
J
ピストン;シリンダ;圧力容器一般;密封装置
15
密封装置
02
相対的に静止した表面間のもの
06
密封表面間で圧縮された固体パッキングをもつもの
10
非金属パッキングをもつもの
出願人:
三井化学株式会社 MITSUI CHEMICALS, INC. [JP/JP]; 東京都港区東新橋一丁目5番2号 5-2, Higashi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1057122, JP
発明者:
竹内 文人 TAKEUCHI Fumito; JP
中島 友則 NAKASHIMA Tomonori; JP
後藤 健吾 GOTO Kengo; JP
宮武 宏行 MIYATAKE Hiroyuki; JP
代理人:
宮崎 昭夫 MIYAZAKI Teruo; JP
緒方 雅昭 OGATA Masaaki; JP
優先権情報:
2017-12891730.06.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING SEALING MEMBER AND MEMBER-BONDING METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'ÉLÉMENT D'ÉTANCHÉITÉ ET PROCÉDÉ DE LIAISON D'ÉLÉMENTS
(JA) シール部材の製造方法および部材の接合方法
要約:
(EN) Provided are: a method for producing a sealing member, which has high thermal resistance, weather resistance and sound insulation in addition to being easy to produce and for which increased weight can be limited; and a member-bonding method. A second member 7, obtained from a nonwoven fabric containing a material for which the melting peak temperature is 100°C to 200°C as measured by differential scanning calorimetry in conformance with the Testing Methods for Transition Temperatures of Plastics stipulated in JIS K 7121, is bonded to a first member 6 that is made of a cross-linked rubber by means of ultrasonic welding.
(FR) L'invention concerne : un procédé de production d'un élément d'étanchéité, qui présente une résistance thermique élevée, une résistance aux intempéries et une isolation phonique en plus d'être facile à produire et pour lequel un poids accru peut être limité ; et un procédé de liaison d'éléments. Un second élément 7, obtenu à partir d'un tissu non tissé contenant un matériau pour lequel la température de pic de fusion est de 100 °C à 200 °C, telle que mesurée par calorimétrie différentielle à balayage conformément aux méthodes de test pour des températures de transition des matières plastiques stipulés dans le JIS K 7121, est lié à un premier élément 6 qui est constitué d'un caoutchouc réticulé au moyen d'un soudage par ultrasons.
(JA) 耐熱性および耐候性と遮音性が高く、さらに製造が容易であるとともに、重量の増大を抑制できるシール部材の製造方法と、部材の接合方法を提供する。 架橋ゴムからなる第1の部材6に、JIS K 7121に規定されたプラスチックの転移温度測定方法の示差走査熱量測定に準拠して測定された融解ピーク温度が100℃以上200℃以下である材料を含む不織布からなる第2の部材7を、超音波溶着によって接合する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)