このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019004419) がん術後の再発および/または転移抑制剤
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/004419 国際出願番号: PCT/JP2018/024782
国際公開日: 03.01.2019 国際出願日: 29.06.2018
IPC:
A61K 45/00 (2006.01) ,A61K 31/216 (2006.01) ,A61K 31/5375 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,A61P 35/04 (2006.01) ,A61P 43/00 (2006.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
45
31/00~41/00に属さない活性成分を含有する医薬品製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
21
エステル,例.ニトログリセリン,セレノシアネート
215
カルボン酸のエステル
216
芳香族環を持つ酸のエステル,例.ベナクチジン,クロフィブレート
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
33
複素環式化合物
395
環異種原子として窒素を持つもの,例.グアネチジン,リファマイシン
535
環異種原子として少なくとも1個の窒素及び1個の酸素を有する6員環を持つもの,例.1,2-オキサジン
5375
1,4-オキサジン,例.モルホリン
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
04
転移に特異的なもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
43
グループ1/00から41/00に展開されていない特殊な目的の医薬
出願人:
小野薬品工業株式会社 ONO PHARMACEUTICAL CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区道修町2丁目1番5号 1-5, Doshomachi 2-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5418526, JP
学校法人日本医科大学 NIPPON MEDICAL SCHOOL FOUNDATION [JP/JP]; 東京都文京区千駄木1-1-5 1-1-5, Sendagi, Bunkyo-ku, Tokyo 1138602, JP
発明者:
坂本 篤裕 SAKAMOTO, Atsuhiro; JP
岡村 龍明 OKAMURA, Tatsuaki; JP
原田 友宏 HARADA, Tomohiro; JP
代理人:
鮫島 睦 SAMEJIMA, Mutsumi; JP
松谷 道子 MATSUTANI, Michiko; JP
優先権情報:
2017-12896830.06.2017JP
発明の名称: (EN) INHIBITOR OF POSTOPERATIVE CANCER RECURRENCE AND/OR METASTASIS
(FR) INHIBITEURS DE LA RÉCURRENCE ET/OU DE LA MÉTASTASE POSTOPÉRATOIRES DU CANCER
(JA) がん術後の再発および/または転移抑制剤
要約:
(EN) The present inventors found that postoperative cancer recurrence and/or metastasis were inhibited by administering a β blocker to a cancer patient in the perioperative period. Thus, the present disclosure provides an inhibitor of postoperative cancer recurrence and/or metastasis, said inhibitor comprising a β blocker, characterized by being to be administered in the perioperative period.
(FR) Les présents inventeurs ont découvert que la récurrence et/ou la métastase postopératoires du cancer pouvaient être inhibées en administrant au patient atteint de cancer un β-bloquant en période périopératoire. Ainsi, la présente invention concerne un inhibiteur de la récidive et/ou de la métastase postopératoires du cancer, ledit inhibiteur comprenant un β-bloquant, caractérisé en ce qu'il est destiné à être administré en période périopératoire.
(JA) 本発明者らは、β遮断薬をがん患者の周術期に投与することにより、がん術後の再発および/または転移が抑制されることを見出した。従って、本開示は、がん周術期に投与されることを特徴とする、β遮断薬を含有するがんの再発および/または転移抑制剤を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)