このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019004159) モータの軸受構造、モータ、および、空気調和機の室内機
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/004159 国際出願番号: PCT/JP2018/024100
国際公開日: 03.01.2019 国際出願日: 26.06.2018
IPC:
F16C 23/04 (2006.01) ,F16C 17/10 (2006.01) ,F16C 27/06 (2006.01) ,F16C 35/063 (2006.01) ,F24F 1/00 (2011.01) ,H02K 5/167 (2006.01) ,H02K 7/08 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
23
専ら回転運動のための、調心または位置調節のできる軸受
02
すべり軸受
04
自己調節のできるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
17
専ら回転運動のためのすべり軸受
10
ラジアル荷重およびアキシァル荷重用
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
27
専ら回転運動のための弾性または変形できる軸受または軸受支持
06
ゴムまたは同様な材料の部品によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
35
軸受ユニットの固定的支持;ハウジング,例.キャップ,カバー
04
玉軸受またはころ軸受の場合
06
玉軸受またはころ軸受のすえ付け;軸またはハウジングへのそれらの固定
063
それらの軸への固定
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
24
加熱;レンジ;換気
F
空気調節;空気加湿;換気;しゃへいのためのエアカーテンの利用
1
ルームユニット,例.分離式または自納式のものあるいは中央装置から1次空気を受けるもの
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
5
外箱;外枠;支持体
04
形,構成または構造を特徴とする外箱または外枠
16
軸受支持装置,例.絶縁支持器,軸受密封装置内に軸受を適合させる装置
167
すべり軸受または球面軸受を用いたもの
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
7
機械と結合して機械的エネルギを取り扱う装置,例.機械的駆動原動機または補助発電機,電動機との結合
08
軸受との構造的結合
出願人:
ダイキン工業株式会社 DAIKIN INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区中崎西2丁目4番12号梅田センタービル Umeda Center Building, 4-12, Nakazaki-Nishi 2-Chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5308323, JP
発明者:
月田 順司 TSUKIDA, Junji; --
藤井 浩和 FUJII, Hirokazu; --
小川 達也 OGAWA, Tatsuya; --
代理人:
新樹グローバル・アイピー特許業務法人 SHINJYU GLOBAL IP; 大阪府大阪市北区南森町1丁目4番19号 サウスホレストビル South Forest Bldg., 1-4-19, Minamimori-machi, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300054, JP
優先権情報:
2017-12875430.06.2017JP
発明の名称: (EN) BEARING STRUCTURE FOR MOTOR, MOTOR, AND INDOOR UNIT FOR AIR CONDITIONER
(FR) STRUCTURE DE PALIER POUR MOTEUR, MOTEUR, ET UNITÉ INTÉRIEURE POUR CLIMATISEUR
(JA) モータの軸受構造、モータ、および、空気調和機の室内機
要約:
(EN) This bearing structure for a motor enables to save assembling man-hours. A first bearing structure (91) as an example of a bearing structure for a motor according to the present invention is provided with a first bearing (91a), a second bearing (91b), a first holding member (92a), a second holding member (92b), and an elastic body (93). The bearings (91a, 91b) are arranged in the axial direction of a first shaft (22c). The bearing holding members (92a, 92b) respectively hold the bearings (91a, 91b). The elastic body (93) is gripped between the axially adjacent bearings (91a, 91b) and is surrounded by the second holding member (92b). A first length (L1) which is the radial distance between the outermost part (93b) of the elastic body (93) and the second holding member (92b) is less than a second length (L2) which is the radial distance between the outermost part (93b) of the elastic body (93) and the first shaft (22c). The first length (L1) is less than a third length (L3), which is the radial distance between the innermost part (93a) of the elastic body (93) and the first shaft (22c).
(FR) La présente invention concerne une structure de palier destinée à un moteur et permettant d'économiser des heures d'assemblage. Une première structure de palier (91) donnée comme exemple d'une structure de palier pour un moteur selon la présente invention est pourvue d'un premier palier (91a), d'un second palier (91b), d'un premier élément de maintien (92a), d'un second élément de maintien (92b), et d'un corps élastique (93). Les paliers (91a, 91b) sont disposés dans la direction axiale d'un premier arbre (22c). Les éléments de maintien de palier (92a, 92b) maintiennent respectivement les paliers (91a, 91b). Le corps élastique (93) est saisi entre les paliers axialement adjacents (91a, 91b) et est entouré par le second élément de maintien (92b). Une première longueur (L1) qui est la distance radiale entre la partie la plus à l'extérieur (93b) du corps élastique (93) et le second élément de maintien (92b) est inférieure à une deuxième longueur (L2) qui est la distance radiale entre la partie la plus à l'extérieur (93b) du corps élastique (93) et le premier arbre (22c). La première longueur (L1) est inférieure à une troisième longueur (L3), qui est la distance radiale entre la partie la plus à l'intérieur (93a) du corps élastique (93) et le premier arbre (22c).
(JA) 本発明に係るモータの軸受構造は、組み立て工数を抑えることができる。本発明に係るモータの軸受構造である第1軸受構造(91)は、第1軸受(91a)と第2軸受(91b)と第1保持部材(92a)と第2保持部材(92b)と弾性体(93)とを備える。軸受(91a,91b)は、第1シャフト(22c)の軸方向に沿って配置される。軸受保持部材(92a,92b)は、それぞれ、軸受(91a,91b)を保持する。弾性体(93)は、軸方向に隣り合う軸受(91a,91b)の間に挟み込まれ、第2保持部材(92b)に囲まれている。弾性体(93)の最外部(93b)と第2保持部材(92b)との間の径方向の距離である第1長さ(L1)は、弾性体(93)の最外部(93b)と第1シャフト(22c)との間の径方向の距離である第2長さ(L2)より短い。第1長さ(L1)は、弾性体(93)の最内部(93a)と第1シャフト(22c)との間の径方向の距離である第3長さ(L3)より短い。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)