このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019004081) 領域評価システム、方法およびプログラム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/004081 国際出願番号: PCT/JP2018/023815
国際公開日: 03.01.2019 国際出願日: 22.06.2018
IPC:
G01C 21/26 (2006.01) ,G01C 21/34 (2006.01) ,B64C 39/02 (2006.01) ,G08G 5/00 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
C
距離,水準または方位の測定;測量;航行;ジャイロ計器;写真計量または映像計量
21
航行;グループ1/00から19/00に分類されない航行装置
26
道路網における航行に特に適合したもの
G 物理学
01
測定;試験
C
距離,水準または方位の測定;測量;航行;ジャイロ計器;写真計量または映像計量
21
航行;グループ1/00から19/00に分類されない航行装置
26
道路網における航行に特に適合したもの
34
経路探索;経路案内
B 処理操作;運輸
64
航空機;飛行;宇宙工学
C
飛行機;ヘリコプタ
39
他に分類されない航空機
02
特殊用途を特徴とするもの
G 物理学
08
信号
G
交通制御システム
5
航空機に対する交通制御システム
出願人:
日本電気株式会社 NEC CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区芝五丁目7番1号 7-1, Shiba 5-chome, Minato-ku, Tokyo 1088001, JP
発明者:
中台 慎二 NAKADAI Shinji; JP
猪爪 宏彰 INOTSUME Hiroaki; JP
代理人:
岩壁 冬樹 IWAKABE Fuyuki; JP
塩川 誠人 SHIOKAWA Masato; JP
優先権情報:
2017-12839230.06.2017JP
発明の名称: (EN) AREA EVALUATION SYSTEM, METHOD, AND PROGRAM
(FR) SYSTÈME, PROCÉDÉ ET PROGRAMME D’ÉVALUATION DE ZONE
(JA) 領域評価システム、方法およびプログラム
要約:
(EN) This area evaluation system comprises a utility evaluation means 501 that, in a case where a route selection area, which is an area to be targeted in route selection, has been modified, evaluates the utility of at least a partial area included in a pre-modified or post-modified route selection area on the basis of a navigation route in the area before and after modification of the navigation plan of a moving object.
(FR) La présente invention concerne un système d’évaluation de zone qui comprend un moyen d’évaluation d’utilité 501 qui, dans un cas où une zone de sélection d’itinéraire, qui est une zone devant être ciblée dans la sélection d’itinéraire, a été modifiée, évalue l’utilité d’au moins une zone partielle comprise dans une zone de sélection d’itinéraire prémodifié ou postmodifié sur la base d’un itinéraire de navigation dans la zone avant et après modification du plan de navigation d’un objet mobile.
(JA) 領域評価システムは、経路選択の対象とされる領域である経路選択領域が変更された場合の、移動体の運航計画に対する変更前後の領域における運航経路に基づいて、変更前または変更後の経路選択領域に含まれる少なくとも一部の領域の効用を評価する効用評価手段501を備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)