このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019003748) 発泡成形体の製造方法及び発泡成形体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/003748 国際出願番号: PCT/JP2018/020294
国際公開日: 03.01.2019 国際出願日: 28.05.2018
IPC:
B29C 44/00 (2006.01) ,B29C 45/00 (2006.01) ,B29C 45/60 (2006.01) ,B29C 45/77 (2006.01) ,B29C 47/00 (2006.01) ,B29C 47/60 (2006.01) ,B29C 47/92 (2006.01) ,C08J 9/12 (2006.01) ,B29K 81/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
44
材料の中で発生した内部圧による成形,例.膨張,発泡
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
45
射出成形,即ち所要量の成形材料をノズルを介して閉鎖型内へ流入させるもの;そのための装置
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
45
射出成形,即ち所要量の成形材料をノズルを介して閉鎖型内へ流入させるもの;そのための装置
17
構成部品,細部または付属装置;補助操作
46
成形材料を可塑化,均質化または金型内に圧入するための手段
58
細部
60
スクリュー
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
45
射出成形,即ち所要量の成形材料をノズルを介して閉鎖型内へ流入させるもの;そのための装置
17
構成部品,細部または付属装置;補助操作
76
計量,制御または調整
77
成形材料の速度または圧力の
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08
構成部品,細部または付属装置;補助操作
36
成形材料を可塑化もしくは均質化するためまたは押出ノズルもしくはダイに通すための手段
58
細部
60
スクリュー
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
47
押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08
構成部品,細部または付属装置;補助操作
92
計量,制御または調整
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
9
多孔性または海綿状の物品または物質にするための高分子物質の処理;その後処理
04
予め添加された発泡剤によって発生するガスを使用するもの
12
物理的発泡剤によるもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
81
主鎖中に窒素,酸素または炭素のみを有しまたは有さないで硫黄を有する重合体を成形材料として使用
出願人:
マクセル株式会社 MAXELL, LTD. [JP/JP]; 京都府乙訓郡大山崎町大山崎小泉1番地 1, Koizumi, Oyamazaki, Oyamazaki-cho, Otokuni-gun, Kyoto 6188525, JP
発明者:
遊佐 敦 YUSA, Atsushi; JP
後藤 英斗 GOTO, Hideto; JP
山本 智史 YAMAMOTO, Satoshi; JP
代理人:
川北 喜十郎 KAWAKITA, Kijuro; JP
藤田 正広 FUJITA, Masahiro; JP
川津 幸恵 KAWAZU, Sachie; JP
優先権情報:
2017-12431726.06.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR MANUFACTURING FOAM MOLDED BODY AND FOAM MOLDED BODY
(FR) MÉTHODE DE FABRICATION D'UN CORPS MOULÉ EN MOUSSE ET CORPS MOULÉ EN MOUSSE
(JA) 発泡成形体の製造方法及び発泡成形体
要約:
(EN) Provided is a method for manufacturing a foam molded body having high heat resistance. A method for manufacturing a foam molded body using a plasticizing cylinder having a plasticizing zone and a starvation zone comprises: plasticizing and melting a thermoplastic resin into a molten resin in the plasticizing zone; introducing a pressurized fluid containing a physical foaming agent at a constant pressure into the starvation zone to maintain the starvation zone at the constant pressure; bringing the molten resin into a starvation state in the starvation zone; causing the molten resin in the starvation state and the pressurized fluid containing the physical foaming agent at the constant pressure to come into contact with each other in the starvation zone with the starvation zone maintained at the constant pressure; and molding the molten resin that has been brought into contact with the pressurized fluid containing the physical foaming agent into a foam molded body. The thermoplastic resin is super engineering plastic, and the constant pressure is 0.5 MPa to 12 MPa.
(FR) L'invention concerne un procédé de fabrication d'un corps moulé en mousse ayant une résistance à la chaleur élevée. Un procédé de fabrication d'un corps moulé en mousse à l'aide d'un cylindre de plastification ayant une zone de plastification et une zone d'appauvrissement consistant : à plastifier et à faire fondre une résine thermoplastique dans une résine fondue dans la zone de plastification ; à introduire un fluide sous pression contenant un agent de gonflement physique à une pression constante dans la zone d'appauvrissement afin de maintenir la zone d'appauvrissement à la pression constante ; à amener la résine fondue dans un état appauvri dans la zone d'appauvrissement ; à amener la résine fondue dans l'état appauvri et le fluide sous pression contenant l'agent de gonflement physique à la pression constante pour entrer en contact l'un avec l'autre dans la zone d'appauvrissement avec la zone d'appauvrissement maintenue à la pression constante ; et à mouler la résine fondue qui a été mise en contact avec le fluide sous pression contenant l'agent de gonflement physique dans un corps moulé en mousse. La résine thermoplastique est en plastique super-ingénierie, et la pression constante est de 0,5 MPa à 12 MPa.
(JA) 高い耐熱性を有する発泡成形体の製造方法を提供する。可塑化ゾーンと飢餓ゾーンとを有する可塑化シリンダを用いて、発泡成形体を製造する方法であって、前記可塑化ゾーンにおいて、熱可塑性樹脂を可塑化溶融して溶融樹脂とすることと、前記飢餓ゾーンに一定圧力の物理発泡剤を含む加圧流体を導入し、前記飢餓ゾーンを前記一定圧力に保持することと、前記飢餓ゾーンにおいて、前記溶融樹脂を飢餓状態とすることと、前記飢餓ゾーンを前記一定圧力に保持した状態で、前記飢餓ゾーンにおいて、前記飢餓状態の溶融樹脂と前記一定圧力の物理発泡剤を含む加圧流体とを接触させることと、前記物理発泡剤を含む加圧流体を接触させた前記溶融樹脂を発泡成形体に成形することとを含み、前記熱可塑性樹脂がスーパーエンジニアリングプラスチックであり、前記一定圧力が0.5MPa~12MPaである。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)