このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019003707) キャリパボディおよびディスクブレーキ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/003707 国際出願番号: PCT/JP2018/019297
国際公開日: 03.01.2019 国際出願日: 18.05.2018
IPC:
F16D 65/02 (2006.01) ,B22C 9/22 (2006.01) ,F16D 55/224 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
02
ブレーキ部材;それの装備
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
C
鋳造用鋳型造型
9
鋳型または中子;製造方法(特殊な造型機械の使用を伴う方法は造型機械の適切なグループを参照)
22
特殊形状体鋳物用鋳型
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
55
軸方向に加圧されるほぼ放射状のブレーキ面をもつブレーキ,例.ディスクブレーキ
02
軸方向に配設された回転部材に押し付けられる軸方向に可動なディスクまたはパッドをもつもの
22
2つの可動なブレーキ部材,例.可動なブレーキディスクまたはブレーキパッドの間で軸上に配設された回転するディスクを締め付けることによるもの
224
ブレーキ部材に協働する部材をもつもの
出願人:
日立オートモティブシステムズ株式会社 HITACHI AUTOMOTIVE SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 茨城県ひたちなか市高場2520番地 2520, Takaba, Hitachinaka-shi, Ibaraki 3128503, JP
発明者:
鈴木 伸二 SUZUKI Shinji; JP
木下 岳之 KINOSHITA Takayuki; JP
代理人:
特許業務法人 志賀国際特許事務所 SHIGA INTERNATIONAL PATENT OFFICE; 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 1-9-2, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo 1006620, JP
優先権情報:
2017-12634028.06.2017JP
発明の名称: (EN) CALIPER BODY AND DISC BRAKE
(FR) CORPS D'ÉTRIER ET FREIN À DISQUE
(JA) キャリパボディおよびディスクブレーキ
要約:
(EN) This caliper body is provided with: a cylinder (26) in which a piston is disposed and in which a hydraulic chamber is provided; a bleeder boss (29) in communication with the hydraulic chamber and provided with a bleeder hole for discharging air from the hydraulic chamber; and a plurality of identifiers (112, 116). At least one identifier (112) of the identifiers (112, 116) is formed in a region hidden by a bleeder plug (131) attached to the bleeder boss (29).
(FR) La présente invention concerne un corps d'étrier comportant : un cylindre (26) dans lequel est disposé un piston et dans lequel est disposée une chambre hydraulique ; un bossage de purge (29) en communication avec la chambre hydraulique et comportant un trou de purge pour évacuer l'air de la chambre hydraulique ; et une pluralité d'identifiants (112, 116). Au moins un identifiant (112) parmi les identifiants (112, 116) est formé dans une région cachée par un bouchon de purge (131) fixé au bossage de purge (29).
(JA) 本キャリパボディは、ピストンが配置され内部に液圧室が設けられるシリンダ部(26)と、液圧室に連通し、液圧室からエアを排出するブリーダ孔を備えたブリーダボス部(29)と、複数の識別子(112,116)と、を備え、識別子(112,116)のうちの少なくとも一つの識別子(112)がブリーダボス部(29)に取り付けられたブリーダプラグ(131)に隠される領域に形成されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)