このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019003459) マスキング治具、電気メッキ装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/003459 国際出願番号: PCT/JP2017/030167
国際公開日: 03.01.2019 国際出願日: 23.08.2017
予備審査請求日: 15.01.2018
IPC:
C25D 5/02 (2006.01) ,C25D 7/00 (2006.01) ,C25D 17/08 (2006.01)
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
02
選択された表面部分の電気鍍金
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
7
被覆される物品に特徴のある電気鍍金
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
17
電解被覆用槽の構造部品またはその組立体
06
被覆物品の懸垂または支持装置
08
ラック
出願人:
株式会社ショーワ SHOWA CORPORATION [JP/JP]; 埼玉県行田市藤原町一丁目14番地1 1-14-1, Fujiwara-cho, Gyoda City, Saitama 3618506, JP
発明者:
小池 勇輝 KOIKE, Yuki; JP
鈴木 健司 SUZUKI, Kenji; JP
倉持 政美 KURAMOCHI, Masami; JP
高橋 健二 TAKAHASHI, Kenji; JP
代理人:
古部 次郎 FURUBE, Jiro; JP
尾形 文雄 OGATA, Fumio; JP
優先権情報:
2017-12923330.06.2017JP
発明の名称: (EN) MASKING JIG AND ELECTROPLATING APPARATUS
(FR) GABARIT DE MASQUAGE ET APPAREIL DE GALVANOPLASTIE
(JA) マスキング治具、電気メッキ装置
要約:
(EN) A masking jig 100 is provided with: a contact member 130 that has formed therein a through-hole 133 through which a rod-like piston rod 10 is passed, and has, around the through-hole 133, a deformable part 134 which gets elastically deformed to come into contact with the outer peripheral end face of the piston rod 10 when a male screw 10e of the piston rod 10 is inserted in the through-hole 133; and a support unit 170 that movably supports the contact member 130 in a direction intersecting with the axial direction of the piston rod 10.
(FR) L'invention concerne un gabarit de masquage (10)0 qui est pourvu : d'un élément de contact (130), à l'intérieur duquel est formé un trou traversant (133) à travers lequel passe une tige de piston de type tige (10) et qui comporte, autour du trou traversant (133), une partie déformable (134) qui est déformée élastiquement pour venir en contact avec la face d'extrémité périphérique externe de la tige de piston (10) lorsqu'une vis mâle (10e) de la tige de piston (10) est insérée dans le trou traversant (133) ; et une unité de support (170) qui maintient de façon mobile l'élément de contact (130) dans une direction sécante à la direction axiale de la tige de piston (10).
(JA) マスキング治具100は、棒状のピストンロッド10を通す貫通孔133が形成されていると共に、貫通孔133の周囲に、ピストンロッド10の雄ねじ10eが貫通孔133に挿入されることにより弾性変形してピストンロッド10の外周端面と接触する変形部134を有する接触部材130と、接触部材130をピストンロッド10の軸心方向に交差する方向に移動可能に支持する支持ユニット170と、を備える。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)