このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019003319) 熱回復物品及びこの熱回復物品により被覆されている被覆体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/003319 国際出願番号: PCT/JP2017/023644
国際公開日: 03.01.2019 国際出願日: 27.06.2017
IPC:
C08J 5/00 (2006.01) ,B32B 1/08 (2006.01) ,B32B 27/00 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
1
平面以外の一般的形状を本質的に有する積層体
08
管状の製品
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
出願人:
住友電工ファインポリマー株式会社 SUMITOMO ELECTRIC FINE POLYMER, INC. [JP/JP]; 大阪府泉南郡熊取町朝代西一丁目950番地 950, Asashiro-nishi 1-chome, Kumatori-cho, Sennan-gun, Osaka 5900458, JP
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
発明者:
藤田 太郎 FUJITA Taro; JP
西川 信也 NISHIKAWA Shinya; JP
福本 遼太 FUKUMOTO Ryota; JP
東 修司 AZUMA Syuji; JP
狩野 晃一郎 KANOU Kouichirou; JP
代理人:
天野 一規 AMANO Kazunori; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) HEAT RECOVERY ARTICLE AND COVERED BODY COVERED BY SAID HEAT RECOVERY ARTICLE
(FR) ARTICLE DE RÉCUPÉRATION DE CHALEUR ET CORPS RECOUVERT, RECOUVERT PAR LEDIT ARTICLE DE RÉCUPÉRATION DE CHALEUR
(JA) 熱回復物品及びこの熱回復物品により被覆されている被覆体
要約:
(EN) The heat recovery article according to one embodiment of the present invention is a cylindrical heat recovery article equipped with a substrate layer, wherein the water vapor permeability is 0.1 g/m2∙day or less when the average thickness of the substrate layer after shrinkage is 100 μm.
(FR) L'article de récupération de chaleur, selon un mode de réalisation de la présente invention, est un article cylindrique de récupération de chaleur équipé d'une couche de substrat, la perméabilité à la vapeur d'eau étant inférieure ou égale à 0,1 g/m2∙jour lorsque l'épaisseur moyenne de la couche de substrat après retrait est de 100 µm.
(JA) 本発明の一態様に係る熱回復物品は、基材層を備える円筒状の熱回復物品であって、収縮後の基材層の平均厚さを100μmとしたときの水蒸気透過度が0.1g/m・day以下である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)