このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019003297) 流体圧クラッチ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/003297 国際出願番号: PCT/JP2017/023565
国際公開日: 03.01.2019 国際出願日: 27.06.2017
IPC:
F16D 47/06 (2006.01) ,B60K 20/00 (2006.01) ,F16D 25/063 (2006.01) ,F16H 3/00 (2006.01) ,F16H 61/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
47
グループの次の組の少なくとも2つの形式を組み合わせたクラッチシステム,またはクラッチと継ぎ手のシステム:1/00~9/00;11/00~23/00;25/00~29/00;31/00~39/00;41/00~45/00
06
その内の少なくとも1つが動力伝達手段としての流体または半流体または半流体をもつクラッチであるもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
20
車両における変速機制御装置の配置または取付け
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
25
流体で作動されるクラッチ
06
流体がクラッチに組み込まれたピストンに作用するもの
062
摩擦面をもつクラッチ
063
軸方向に動くだけのクラッチ部材をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
3
可変変速比をもった回転運動伝達用または逆転用歯車装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
61
回転運動を伝達するための変速あるいは逆転伝動装置の制御機能
出願人:
GKN ドライブライン ジャパン株式会社 GKN DRIVELINE JAPAN LTD [JP/JP]; 栃木県栃木市大宮町2388番地 2388 Ohmiya-machi, Tochigi City, Tochigi 3288502, JP
発明者:
飯塚 浩司 IIZUKA Kohji; JP
松本 尚之 MATSUMOTO Takayuki; JP
代理人:
三好 秀和 MIYOSHI Hidekazu; JP
高橋 俊一 TAKAHASHI Shunichi; JP
伊藤 正和 ITO Masakazu; JP
高松 俊雄 TAKAMATSU Toshio; JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) FLUID PRESSURE CLUTCH
(FR) EMBRAYAGE À FLUIDE SOUS PRESSION
(JA) 流体圧クラッチ
要約:
(EN) The present invention relates to a fluid pressure clutch, comprising: a shaft (7) that is integrally provided with first gear teeth (3) protruding outward in the radial direction; an outer drum (9) that is integrally provided with second gear teeth (5) protruding outward in the radial direction, coaxially surrounds the shaft (7), and is adjacent to the first gear teeth (3) in the axial direction; a drum bottom (19) that is provided with a sleeve (21) and supports the outer drum (9) rotatably to the shaft (7); a clutch plate pair (11) in which plates (13, 15) respectively coupled to the shaft (7) and the outer drum (9) are arranged alternately in the axial direction; a plunger (17) for pressing the clutch plate pair (11) in the axial direction using fluid pressure in a chamber (23) formed between the plunger (17) and the drum bottom (19); and channels (33, 35, 37, 71) including an axial path (33) communicating with a fluid circuit (31) and formed in the shaft (7), the channels connecting the axial path (33) and the chamber (23) while passing through the sleeve (21).
(FR) La présente invention concerne un embrayage à fluide sous pression, comprenant : un arbre (7) qui est d'un seul tenant avec des premières dents d'engrenage (3) faisant saillie vers l'extérieur dans la direction radiale ; un tambour externe (9) qui est d'un seul tenant avec des secondes dents d'engrenage (5) faisant saillie vers l'extérieur dans la direction radiale, entoure coaxialement l'arbre (7) et est adjacent aux premières dents d'engrenage (3) dans la direction axiale ; un fond de tambour (19) qui est pourvu d'un manchon (21) et supporte en rotation le tambour externe (9) sur l'arbre (7) ; une paire de disques d'embrayage (11) dans laquelle des disques (13, 15) couplés respectivement à l'arbre (7) et au tambour externe (9) sont disposés en alternance dans la direction axiale ; un piston (17) pour presser la paire de disques d'embrayage (11) dans la direction axiale à l'aide d'un fluide sous pression dans une chambre (23) formée entre le piston (17) et le fond de tambour (19) ; et des canaux (33, 35, 37, 71) qui comprennent un trajet axial (33) communiquant un circuit de fluide (31) et qui sont formés dans l'arbre (7), les canaux reliant le trajet axial (33) et la chambre (23) tout en traversant le manchon (21).
(JA) 本発明は、径方向に外方に突出した第1のギヤ歯(3)を一体的に備えたシャフト(7)と、径方向に外方に突出した第2のギヤ歯(5)を一体的に備え且つシャフト(7)を同軸に囲み第1のギヤ歯(3)と軸方向に隣接するアウタドラム(9)と、スリーブ(21)を備え且つアウタドラム(9)をシャフト(7)に対して回転可能に支持するドラムボトム(19)と、シャフト(7)及びアウタドラム(9)に夫々結合するプレート(13,15)が軸方向に交互に配列されて構成されるクラッチプレート組(11)と、ドラムボトム(19)との間に形成された室(23)内の流体圧により、クラッチプレート組(11)を軸方向に押圧するプランジャ(17)と、流体回路(31)と連通し且つシャフト(7)内に形成された軸方向路(33)を備え、軸方向路(33)と室(23)とをスリーブ(21)を貫いて連通する流路(33,35,37,71)と、を備える流体圧クラッチに関する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)