このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2019002503) PREPARATION PROCESS OF ORTHO ALKOXY BISPHENOL MONOMERS
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2019/002503 国際出願番号: PCT/EP2018/067480
国際公開日: 03.01.2019 国際出願日: 28.06.2018
IPC:
C07C 41/30 (2006.01) ,C07C 43/23 (2006.01) ,C07C 67/347 (2006.01) ,C07C 69/734 (2006.01) ,C08G 63/193 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
41
エーテルの製造;「図」基,「図」基または「図」基をもつ化合物の製造
01
エーテルの製造
18
エーテル基の酸素結合を生成しない反応によるもの
30
炭素原子数の増加によるもの,例.オリゴマー化によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
43
エーテル;「図」基,「図」基または「図」基をもつ化合物
02
エーテル
20
エーテル基の酸素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
23
水酸基またはO―金属基を含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
67
カルボン酸エステルの製造
30
エステル基を導入することなくエステルの酸部分を変化させることによるもの
333
異性化によるもの;炭素骨格の大きさを変化させることによるもの
343
炭素原子数が増加することによるもの
347
炭素―炭素不飽和結合への付加によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
69
カルボン酸のエステル;炭酸またはハロぎ酸のエステル
66
エステル化されているカルボキシル基が非環式炭素原子に結合し,酸部分にOH,O―金属,―CHO,ケト,エーテル,アシルオキシ,「図」基,「図」基または「図」基のいずれかをもつカルボン酸のエステル
73
不飽和酸のもの
734
エーテル
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
63
高分子の主鎖にカルボン酸エステル連結基を形成する反応によって得られる高分子化合物
02
ヒドロキシカルボン酸からまたはポリカルボン酸およびポリヒドロキシ化合物から誘導されるポリエステル
12
ポリカルボン酸およびポリヒドロキシ化合物とから誘導されるもの
16
ジカルボン酸およびジヒドロキシ化合物
18
炭素環を含む酸またはヒドロキシ化合物
19
芳香族環を含むヒドロキシ化合物
193
2以上の芳香族環を含むもの
出願人:
KATHOLIEKE UNIVERSITEIT LEUVEN [BE/BE]; KU Leuven Research & Development Waaistraat 6 - Box 5105 3000 Leuven, BE
発明者:
SELS, Bert; BE
KOELEWIJN, Steven-Friso; BE
優先権情報:
1710436.529.06.2017GB
発明の名称: (EN) PREPARATION PROCESS OF ORTHO ALKOXY BISPHENOL MONOMERS
(FR) PROCÉDÉ DE PRÉPARATION DE MONOMÈRES D'ORTHOALCOXY BISPHÉNOL
要約:
(EN) A process for making ortho alkoxy bisphenol monomers includes contacting an (alk-1-enyl)alkoxyphenol (type 1) with an alkoxyphenol (type 2) in the presence of an acidic catalyst. Both type of renewable phenols (type 1 and 2) can be generated from lignocellulosic biomass. The use of such alkoxy phenols as a precursor to bisphenol monomers has the potential to reduce the cost and environmental impact of structural materials, while meeting or exceeding the performance of current petroleum-derived polymers, such as thermoplastics and thermoset resins.
(FR) L'invention concerne un procédé de fabrication de monomères d'orthoalcoxy bisphénol qui comprend la mise en contact d'un (alc-1-ényl) alcoxyphénol (type 1) avec un alcoxyphénol (type 2) en présence d'un catalyseur acide. Les deux types de phénols renouvelables (de type 1 et 2) peuvent être générés à partir de biomasse lignocellulosique. L'utilisation de ces alcoxy phénols en tant que précurseur de monomères de bisphénol a le potentiel de réduire le coût et l'impact environnemental de matériaux structurels, tout en satisfaisant ou dépassant la performance des polymères dérivés du pétrole actuels, tels que des thermoplastiques et des résines thermodurcissables.
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 英語 (EN)
国際出願言語: 英語 (EN)