このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018235937) イリノテカンの治療効果予測方法及びそのためのキット
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/235937 国際出願番号: PCT/JP2018/023773
国際公開日: 27.12.2018 国際出願日: 22.06.2018
IPC:
C12Q 1/68 (2018.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12Q 1/6876 (2018.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68
核酸を含むもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
[IPC code unknown for C12Q 1/6876]
出願人:
国立大学法人山口大学 YAMAGUCHI UNIVERSITY [JP/JP]; 山口県山口市吉田1677-1 1677-1, Yoshida, Yamaguchi-shi, Yamaguchi 7538511, JP
東洋鋼鈑株式会社 TOYO KOHAN CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区四番町2番地12 2-12, Yonban-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 1028447, JP
発明者:
恒富 亮一 TSUNEDOMI Ryouichi; JP
硲 彰一 HAZAMA Shoichi; JP
永野 浩昭 NAGANO Hiroaki; JP
代理人:
特許業務法人平木国際特許事務所 HIRAKI & ASSOCIATES; 東京都港区愛宕二丁目5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー32階 Atago Green Hills MORI Tower 32F, 5-1, Atago 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1056232, JP
優先権情報:
2017-12256922.06.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PREDICTING THERAPEUTIC EFFECTS OF IRINOTECAN, AND KIT FOR SAME
(FR) PROCÉDÉ DE PRÉVISION DES EFFETS THÉRAPEUTIQUES DE L'IRINOTÉCAN, ET KIT DESTINÉ À CE PROCÉDÉ
(JA) イリノテカンの治療効果予測方法及びそのためのキット
要約:
(EN) The present invention predicts the therapeutic effects of irinotecan using a prescribed genetic polymorphism. According to the present invention, the genetic polymorphism specified by rs1980576 in the APCDD1L gene or a genetic polymorphism in linkage disequilibrium with the abovementioned genetic polymorphism is analyzed, and a determination is made on the basis of the genotype of the abovementioned genetic polymorphism.
(FR) Selon l'invention, les effets thérapeutiques de l'irinotécan sont prévus en mettant un œuvre un polymorphisme génétique prédéfini. Le polymorphisme génétique spécifié par rs1980576 dans un gène APCDD1L, ou un polymorphisme génétique présentant un déséquilibre de liaison vis-à-vis du polymorphisme génétique en question, sont analysés, et sont évalués sur la base du génotype du polymorphisme génétique en question.
(JA) 所定の遺伝子多型を用いてイリノテカンの治療効果を予測する。 APCDD1L遺伝子におけるrs1980576で特定される遺伝子多型又は当該遺伝子多型と連鎖不平衡にある遺伝子多型を分析し、当該遺伝子多型の遺伝子型に基づいて判定する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)