このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018235903) 亜鉛基合金ショット及びその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/235903 国際出願番号: PCT/JP2018/023646
国際公開日: 27.12.2018 国際出願日: 21.06.2018
IPC:
B24C 11/00 (2006.01) ,B22F 1/00 (2006.01) ,B22F 9/08 (2006.01) ,B24C 1/00 (2006.01) ,C22C 18/04 (2006.01)
B 処理操作;運輸
24
研削;研磨
C
粒状物質を用いた研削性のまたはこれに類以のブラスト加工
11
砥粒の吹き付けのための砥材の選択
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1
金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
B 処理操作;運輸
22
鋳造;粉末冶金
F
金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
9
金属質粉またはその懸濁液の製造;それに特に適する装置または機械
02
物理的プロセスを用いるもの
06
液体物質からはじまるもの
08
鋳造によるもの,例.ふるいを通してまたは水中への鋳造,アトマイズまたはスプレイによるもの
B 処理操作;運輸
24
研削;研磨
C
粒状物質を用いた研削性のまたはこれに類以のブラスト加工
1
特殊な効果を生ぜしめるために砥粒の吹き付けを用いる方法;そのような方法に関係ある補助装置の使用方法
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
18
亜鉛を基とする合金
04
次に多い成分としてアルミニウムを含むもの
出願人:
新東工業株式会社 SINTOKOGIO, LTD. [JP/JP]; 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 28-12, Meieki 3-chome, Nakamura-ku, Nagoya-shi, Aichi 4506424, JP
発明者:
加藤 佑人 KATO Yuto; JP
田沼 直也 TANUMA Naoya; JP
代理人:
田中 伸一郎 TANAKA Shinichiro; JP
弟子丸 健 DESHIMARU Takeshi; JP
箱田 篤 HAKODA Atsushi; JP
浅井 賢治 ASAI Kenji; JP
山崎 一夫 YAMASAKI Kazuo; JP
市川 さつき ICHIKAWA Satsuki; JP
服部 博信 HATTORI Hironobu; JP
優先権情報:
2017-12104921.06.2017JP
発明の名称: (EN) ZINC-BASED ALLOY SHOT AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) GRENAILLE EN ALLIAGE À BASE DE ZINC ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 亜鉛基合金ショット及びその製造方法
要約:
(EN) Provided is a zinc-based alloy shot that comprises Al, Mg, and a remainder of Zn and unavoidable impurities, in which the Al content is 0.05-0.20 mass% and the Mg content is 0.001-0.20 mass% with respect to the zinc-based alloy shot, and in which the Vickers hardness is 80-150 HV. Cu may also be added to the zinc-based alloy shot as a trace additive element. The added amount of the trace additive element may be 0.0002-0.01 mass% with respect to the zinc-based alloy shot.
(FR) La présente invention concerne une grenaille en alliage à base de zinc comprenant Al, Mg, et un reste de Zn et des impuretés inévitables, la teneur en Al étant de 0,05 à 0,20 % en masse et la teneur en Mg étant de 0,001 à 0,20 % en masse par rapport à la grenaille en alliage à base de zinc, et la dureté Vickers étant de 80 à 150 HV. Du cuivre peut également être ajouté à la grenaille en alliage à base de zinc en tant qu'élément additif de trace. La quantité ajoutée de l'élément additif de trace peut être de 0,0002 à 0,01 % en masse par rapport à la grenaille en alliage à base de zinc.
(JA) 亜鉛基合金ショットであって、 前記亜鉛基合金ショットは、AlとMgと残部がZn及び不可避不純物からなり、 前記亜鉛基合金ショットに対するAlの含有量が0.05~0.20質量%且つMgの含有量が0.001~0.20質量%であり、 前記亜鉛基合金ショットのビッカース硬さが80~150HVである。 また、前記亜鉛基合金ショットは、更に微量添加元素としてCuが添加されていてもよく、 前記微量添加元素の添加量は前記亜鉛基合金ショットに対して0.0002~0.01質量%としてもよい。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)