このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018235899) 筋サテライト細胞の培養方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/235899 国際出願番号: PCT/JP2018/023629
国際公開日: 27.12.2018 国際出願日: 21.06.2018
IPC:
C12N 5/07 (2010.01) ,A61K 35/34 (2015.01) ,A61P 3/10 (2006.01) ,A61P 21/00 (2006.01) ,A61P 21/04 (2006.01) ,C07K 14/78 (2006.01) ,C12N 5/00 (2006.01) ,C12N 5/071 (2010.01) ,C12Q 1/02 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
35
構造未知の物質または反応生成物を含有する医薬品製剤
12
哺乳動物または鳥類からの物質
34
筋肉;心臓
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
3
代謝系疾患の治療薬
08
グルコースホメオスタシスのためのもの
10
過血糖症のためのもの,例.糖尿病治療剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
21
筋または神経筋系疾患の治療薬
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
21
筋または神経筋系疾患の治療薬
04
重症筋無力症のためのもの
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
78
結合組織ペプチド,例.コラーゲン,エラスチン,ラミニン,フィブロネクチン,ビトロネクチン,低温不溶性グロブリン(CIG)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
02
生きた微生物を含むもの
出願人:
国立大学法人 東京医科歯科大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION TOKYO MEDICAL AND DENTAL UNIVERSITY [JP/JP]; 東京都文京区湯島一丁目5番45号 5-45, Yushima 1-chome, Bunkyo-ku, Tokyo 1138510, JP
地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター TOKYO METROPOLITAN GERIATRIC HOSPITAL AND INSTITUTE OF GERONTOLOGY [JP/JP]; 東京都板橋区栄町35番2号 35-2, Sakae-cho, Itabashi-ku, Tokyo 1730015, JP
発明者:
大石 由美子 OISHI, Yumiko; JP
林 晋一郎 HAYASHI, Shinichiro; JP
上住 聡芳 UEZUMI, Akiyoshi; JP
代理人:
伊藤 克博 ITO, Katsuhiro; JP
渡邉 伸一 WATANABE, Shinichi; JP
優先権情報:
2017-12178722.06.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR CULTURING MUSCLE SATELLITE CELLS
(FR) PROCÉDÉ DE MISE EN CULTURE DE CELLULES SATELLITES MUSCULAIRES
(JA) 筋サテライト細胞の培養方法
要約:
(EN) Provided is a method for culturing muscle stem cells while maintaining the undifferentiated properties of the cells. More specifically, muscle stem cells can be cultured while maintaining the undifferentiated properties of the cells by culturing the cells using a medium containing a retinoid and a laminin. As the retinoid, use can be made of, for example, atRA, AM80, etc. The muscle stem cells, which have been proliferated by culturing using the medium containing a retinoid and a laminin, are usable in treating muscular dystrophy through cell transplantation, etc.
(FR) La présente invention concerne un procédé de mise en culture de cellules souches musculaires tout en maintenant les propriétés indifférenciées des cellules. Plus spécifiquement, les cellules souches musculaires peuvent être cultivées tout en maintenant les propriétés indifférenciées des cellules par la mise en culture des cellules à l'aide d'un milieu contenant un rétinoïde et une laminine. En tant que rétinoïde, on peut utiliser, par exemple, atRA, AM80, etc. Les cellules souches musculaires, que l'on a fait proliférer par mise en culture à l'aide du milieu contenant un rétinoïde et une laminine, sont utilisables dans le traitement d'une dystrophie musculaire par le biais d'une transplantation cellulaire, etc.
(JA) 本発明は,筋幹細胞の未分化性を保持したまま細胞を培養する方法を提供する。より具体的には、レチノイドとラミニンを含む培地を用いて細胞を培養することにより,筋幹細胞の未分化性を保持したまま細胞を培養することを可能とする。レチノイドとしては例えば,atRA,AM80などが使用できる。レチノイドとラミニンを含む培地を用いて培養することにより増殖させた筋幹細胞は,細胞移植による筋ジストロフィーの治療等に利用されうる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)