このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018235835) プレススルーパック包装体用蓋材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/235835 国際出願番号: PCT/JP2018/023354
国際公開日: 27.12.2018 国際出願日: 19.06.2018
IPC:
B65D 75/32 (2006.01) ,B32B 15/082 (2006.01) ,B32B 15/095 (2006.01) ,B32B 27/00 (2006.01) ,B32B 27/30 (2006.01) ,B32B 27/40 (2006.01) ,B65D 65/40 (2006.01) ,B65D 77/20 (2006.01)
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
75
柔軟シート材料のストリップ,シート,ブランク,チューブ,またはウェブ,例.折りたたまれた被包材,で一部または全体が包まれた物品または材料からなる包装体
28
複合,すなわち連繋または相互連結する2以上のシートまたはブランクにより形成された被包材に全体が包まれた物品または材料
30
縁部を,例えば感圧性接着剤,クリンプ,熱溶着または溶接によって結合した2つの対向シートまたはブランク間に包まれた物品
32
1方または両方のシートまたはブランクに内容物収納のための凹部が設けられたもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
082
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
095
ポリウレタンからなるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
30
ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
40
ポリウレタンからなるもの
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
65
被包材または可撓性カバー;特殊形式の包装材
38
特殊な型または形の包装材
40
特定の包装目的のためのラミネート材の応用
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
77
予め形成された容器,例.箱,カートン,大袋,袋,に物品または材料を収納することにより形成された包装体
10
充てん後形成される容器の密封部
20
別体の蓋またはカバーを取付けることによるもの
出願人:
旭化成株式会社 ASAHI KASEI KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 1-1-2 Yurakucho, Chiyoda-ku, Tokyo 1000006, JP
発明者:
近藤 始基 KONDO Motoki; JP
金田 行正 KANETA Yukimasa; JP
伊藤 雅浩 ITO Masahiro; JP
代理人:
杉村 憲司 SUGIMURA Kenji; JP
優先権情報:
2017-12081520.06.2017JP
発明の名称: (EN) COVER MATERIAL FOR PRESS-THROUGH PACKAGES
(FR) MATÉRIAU DE COUVERTURE POUR EMBALLAGES À OUVERTURE PAR PRESSION
(JA) プレススルーパック包装体用蓋材
要約:
(EN) A cover material for press-through packages, which comprises a cover material film and a heat seal layer that is formed from a heat sealing agent, and which is characterized in that the heat sealing agent contains an adhesive resin that has a ratio of the storage elastic modulus E1 at 30°C to the storage elastic modulus E2 at 60°C, namely E1/E2 of from 4.0 to 20.0 (inclusive) and a ratio of the storage elastic modulus E2 to the storage elastic modulus E3 at 80°C, namely E2/E3 of from 1.3 to 4.0 (inclusive). A cover material for press-through packages, which comprises a cover material film and a heat seal layer that is formed from a heat sealing agent, and which is characterized in that the heat sealing agent contains an adhesive resin that has a melting point of 40°C or more but less than 90°C.
(FR) L'invention concerne un matériau de couverture pour emballages à ouverture par pression qui comprend un film de matériau de couverture et une couche de thermoscellage qui est formée à partir d'un agent de thermoscellage et qui est caractérisé en ce que l'agent de thermoscellage contient une résine adhésive qui a un rapport du module d'élasticité de stockage E1 à 30 °C au module d'élasticité de stockage E2 à 60 °C, à savoir E1/E2 de 4,0 à 20,0 (inclus) et un rapport du module d'élasticité de stockage E2 au module d'élasticité de stockage E3 à 80 °C, à savoir E2/E3 de 1,3 à 4,0 (inclus). L'invention concerne également un matériau de couverture pour emballages à ouverture par pression, qui comprend un film de matériau de couverture et une couche de thermoscellage qui est formée à partir d'un agent de thermoscellage et qui est caractérisé en ce que l'agent de thermoscellage contient une résine adhésive qui a un point de fusion de 40 °C ou plus mais inférieur à 90° C.
(JA) ヒートシール剤からなるヒートシール層、及び蓋材フィルムを有するプレススルーパック包装体用蓋材において、ヒートシール剤は、30℃における貯蔵弾性率E1の60℃における貯蔵弾性率E2に対する割合E1/E2が4.0以上20.0以下であり、かつ、E2の80℃における貯蔵弾性率E3に対する割合E2/E3が1.3以上4.0以下である接着性樹脂を含むことを特徴とする、プレススルーパック包装体用蓋材。ヒートシール剤からなるヒートシール層、及び蓋材フィルムを有するプレススルーパック包装体用蓋材において、前記ヒートシール剤は、融点が40℃以上90℃未満である接着性樹脂を含むことを特徴とする、プレススルーパック包装体用蓋材。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)