このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018235797) 防音システム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/235797 国際出願番号: PCT/JP2018/023219
国際公開日: 27.12.2018 国際出願日: 19.06.2018
IPC:
G10K 11/172 (2006.01) ,F01N 1/02 (2006.01) ,F24F 13/02 (2006.01) ,G10K 11/16 (2006.01)
G 物理学
10
楽器;音響
K
音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11
音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16
騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
172
共振効果を用いるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
1
消音方法によって特徴づけられた消音装置
02
共鳴を利用するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
24
加熱;レンジ;換気
F
空気調節;空気加湿;換気;しゃへいのためのエアカーテンの利用
13
空気調和,空気加湿,換気またはしゃへいのための気流の利用に共通,またはそれらのための細部
02
ダクトの構成
G 物理学
10
楽器;音響
K
音を発生する装置;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般;他に分類されない音響
11
音を伝達し,導きまたは指向させるための方法または装置一般;騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
16
騒音または他の音響波を防ぎ,または減衰させるための方法または装置一般
出願人:
富士フイルム株式会社 FUJIFILM CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区西麻布2丁目26番30号 26-30, Nishiazabu 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1068620, JP
発明者:
大津 暁彦 OHTSU Akihiko; JP
白田 真也 HAKUTA Shinya; JP
山添 昇吾 YAMAZOE Shogo; JP
代理人:
渡辺 望稔 WATANABE Mochitoshi; JP
伊東 秀明 ITOH Hideaki; JP
三橋 史生 MITSUHASHI Fumio; JP
優先権情報:
2017-12169621.06.2017JP
2017-19329503.10.2017JP
発明の名称: (EN) SOUND INSULATION SYSTEM
(FR) SYSTÈME D’ISOLATION SONORE
(JA) 防音システム
要約:
(EN) This sound insulation system comprises a tube structure having one or more open ends, and a sound insulation structure having an opening or a radiation surface, and satisfies the following expression (1) when the phase difference of reradiated sound with respect to incident sound on the sound insulation structure is defined as θ1, with respect to a maximum value of 1 or more of sound pressure formed in the tube structure, the distance between the opening or the radiation surface and the position of the tube structure at which the sound pressure takes the maximum value is defined as L, the wavelength of the incident sound is defined as λ, and a phase difference θ2=2π×2L/λ is defined. This sound insulation system can obtain a large transmission loss over a wide band although being small-sized. |θ1-θ2|≤π/2 … (1)
(FR) La présente invention concerne un système d’isolation sonore qui comprend une structure de tube ayant une ou plusieurs extrémités ouvertes, et une structure d’isolation sonore ayant une ouverture ou une surface de rayonnement, et satisfait à l’expression suivante (1) lorsque le déphasage du son réémis par rapport au son incident sur la structure d’isolation sonore est défini comme étant θ1, par rapport à une valeur maximale de 1 ou plus de la pression sonore générée dans la structure de tube, la distance entre l’ouverture ou la surface de rayonnement et la position de la structure de tube à laquelle la pression sonore atteint la valeur maximale est définie comme étant L, la longueur d’onde du son incident est définie comme étant λ, et un déphasage θ2=2π×2L/λ est défini. Ce système d’isolation sonore permet d’obtenir une perte d’émission élevée sur une large bande bien qu’il soit de petite taille. |θ1-θ2|≤π/2 … (1)
(JA) この防音システムは、1つ以上の開口端を有する管構造と、開口部、又は放射面を持つ防音構造とを有し、防音構造への入射音に対する再放射音の位相差θ1とし、管構造内に形成される音圧の1以上の極大値に対して、開口部、又は放射面と音圧が極大値となる管構造の位置との距離をLとし、入射音の波長をλとし、位相差θ2=2π×2L/λと定義するとき、下記式(1)を満足する。この防音システムは、小さいサイズで広い帯域に渡り、大きな透過損失を得ることができる。 |θ1-θ2|≦π/2 ・・・(1)
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)