このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018235690) 複合材構造物の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/235690 国際出願番号: PCT/JP2018/022538
国際公開日: 27.12.2018 国際出願日: 13.06.2018
IPC:
B29C 43/02 (2006.01) ,B29C 33/68 (2006.01) ,B29C 43/32 (2006.01) ,B29C 70/34 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
43
圧縮成形,すなわち,付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
02
一定長の物品,すなわち.不連続物品,の圧縮成形
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
33
型またはコア;その細部または付属装置
56
被覆剤;離型剤,潤滑剤または分離剤
68
離型シート
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
43
圧縮成形,すなわち,付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
32
構成部品,細部または付属装置;補助操作
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
28
そのための成形操作
30
レイアップ法(母型,成形型,あるいはコアに,繊維やテープ,シートなどをあてがう)による成形;スプレーアップ法(母型,成形型,あるいはコアに,繊維を吹きつける)による成形
34
および圧縮による成形または含浸
出願人:
三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都港区港南二丁目16番5号 16-5, Konan 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1088215, JP
発明者:
高橋 洋裕 TAKAHASHI Yosuke; JP
鈴木 章仁 SUZUKI Akihito; JP
秋山 浩庸 AKIYAMA Hiromichi; JP
代理人:
松沼 泰史 MATSUNUMA Yasushi; JP
伊藤 英輔 ITO Eisuke; JP
橋本 宏之 HASHIMOTO Hiroyuki; JP
古都 智 FURUICHI Satoshi; JP
鎌田 康一郎 KAMATA Koichiro; JP
長谷川 太一 HASEGAWA Taichi; JP
優先権情報:
2017-12237222.06.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING COMPOSITE MATERIAL STRUCTURE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UNE STRUCTURE DE MATÉRIAU COMPOSITE
(JA) 複合材構造物の製造方法
要約:
(EN) This method for producing a composite material structure comprises: a film attachment step (S2) for attaching a protective film to a molding member; a molding step (S3) for attaching a composite material to be heated to the molding member so as to place the composite material on the protective film, housing the molding member in a pressure container, and forming a molded article; and a molded-article removal step (S4) for removing the molded article from the molding member to which the protective film has been attached. The protective film is a heat-resistance release film in which the content of a fluorine component is less than 0.1%.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'une structure de matériau composite, comprenant : une étape de fixation de film (S2), destinée à fixer un film protecteur à un élément de moulage ; une étape de moulage (S3), destinée à fixer un matériau composite à chauffer à l'élément de moulage de façon à placer le matériau composite sur le film protecteur, à recevoir l'élément de moulage dans un récipient sous pression et à former un article moulé ; et une étape de retrait d'article moulé (S4), destinée à retirer l'article moulé de l'élément de moulage auquel le film protecteur a été fixé. Le film protecteur est un film antiadhésif résistant à la chaleur, dont la teneur en constituant fluoré est inférieure à 0,1 %.
(JA) 複合材構造物の製造方法は、成形用部材に保護フィルムを取り付けるフィルム取付工程(S2)と、加熱対象となる複合材を前記保護フィルムの上から前記成形用部材に取り付け、圧力容器に収容して成形体を成形する成形工程(S3)と、前記保護フィルムが取り付けられた前記成形用部材から前記成形体を取り外す成形体取り外し工程(S4)と、を含む。前記保護フィルムは、フッ素成分の含有量が0.1%未満の耐熱離型フィルムである。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)