このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018235518) タッチセンサの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/235518 国際出願番号: PCT/JP2018/020020
国際公開日: 27.12.2018 国際出願日: 24.05.2018
IPC:
H01H 36/00 (2006.01) ,G06F 3/041 (2006.01) ,G06F 3/044 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
H
電気的スイッチ;継電器;セレクタ;非常保護装置
36
磁界または電界の変化によって操作されるスイッチ,例.磁石とスイッチの相対位置の変化によるもの,遮へいによるもの
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
03
器具の位置または変位をコード信号に変換するための装置
041
変換手段よって特徴付けられたデジタイザー,例.タッチスクリーンまたはタッチパッド用のもの
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
03
器具の位置または変位をコード信号に変換するための装置
041
変換手段よって特徴付けられたデジタイザー,例.タッチスクリーンまたはタッチパッド用のもの
044
容量性手段によるもの
出願人:
株式会社東海理化電機製作所 KABUSHIKI KAISHA TOKAI RIKA DENKI SEISAKUSHO [JP/JP]; 愛知県丹羽郡大口町豊田三丁目260番地 260, Toyota 3-chome, Ohguchi-cho, Niwa-gun, Aichi 4800195, JP
発明者:
伊藤 肇 ITO, Hajime; JP
代理人:
特許業務法人平田国際特許事務所 HIRATA & PARTNERS; 東京都千代田区二番町4番地3 二番町カシュービル6階 6th Floor, Niban-cho Cashew Building, 4-3, Niban-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 1020084, JP
優先権情報:
2017-12344923.06.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR MANUFACTURING TOUCH SENSOR
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CAPTEUR TACTILE
(JA) タッチセンサの製造方法
要約:
(EN) A method for manufacturing a touch sensor 1 includes: bonding a first electrode 3 and a second electrode 4 to each other such that an insulating material 5 is sandwiched therebetween, said first electrode and second electrode being formed of a conductive fiber; and machining the first electrode 3 and/or the second electrode 4 into a predetermined shape, said first electrode and second electrode having been bonded to each other. In the method for manufacturing the touch sensor 1, both the improvement of the degree of freedom of the shapes of the electrodes formed of the conductive fiber, and suppression of the occurrence of failures due to positional displacement and wrinkles can be achieved.
(FR) L'invention concerne un procédé de fabrication d'un capteur tactile (1), comprenant : la liaison d'une première électrode (3) et d'une seconde électrode (4) l'une à l'autre de sorte qu'un matériau isolant (5) soit intercalé entre celles-ci, ladite première électrode et ladite seconde électrode étant formées d'une fibre conductrice ; et l'usinage de la première électrode (3) et/ou de la seconde électrode (4) selon une forme prédéfinie, ladite première électrode et ladite seconde électrode ayant été liées l'une à l'autre. Dans le procédé de fabrication du capteur tactile (1), on peut obtenir à la fois l'amélioration du degré de liberté des formes des électrodes formées de la fibre conductrice et la suppression de l'apparition de défaillances dues au déplacement positionnel et aux rides.
(JA) タッチセンサ1の製造方法は、導電性繊維で作られた第1の電極3及び第2の電極4で絶縁体5を挟むように貼り合せ、貼り合せた第1の電極3及び第2の電極4の少なくとも一方を予め定められた形状に加工することを含んでいる。このタッチセンサ1の製造方法では、導電性繊維で形成された電極の形状の自由度の向上と位置ずれやしわに起因する不良の発生の抑制を両立することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)