このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018230593) 排ガス処理装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/230593 国際出願番号: PCT/JP2018/022534
国際公開日: 20.12.2018 国際出願日: 13.06.2018
IPC:
B01D 53/75 (2006.01) ,B01D 53/40 (2006.01) ,B01D 53/50 (2006.01) ,B01D 53/56 (2006.01) ,B01D 53/70 (2006.01) ,B01D 53/82 (2006.01) ,B01J 20/04 (2006.01) ,B01J 20/20 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
75
多段階方法
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
38
構造が特定されない成分の除去
40
酸性成分
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
46
構造が特定される成分の除去
48
硫黄化合物
50
硫黄酸化物
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
46
構造が特定される成分の除去
54
窒素化合物
56
窒素酸化物
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
46
構造が特定される成分の除去
68
ハロゲンまたはハロゲン化合物
70
有機ハロゲン化合物
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
81
固相法
82
固定反応物質によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
02
無機物からなるもの
04
アルカリ金属,アルカリ土類金属またはマグネシウムの化合物からなるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
02
無機物からなるもの
20
遊離炭素からなるもの;炭化工程によって得られた炭素からなるもの
出願人:
株式会社実践環境研究所 JISSEN KANKYO KENKYUSHO CO.,LTD. [JP/JP]; 愛知県名古屋市中村区椿町17番16号 17-16 Tsubaki-cho, Nakamura-ku, Nagoya-city, Aichi 4530015, JP
発明者:
水野 久 MIZUNO Hisashi; JP
代理人:
服部 雅紀 HATTORI Masaki; JP
優先権情報:
2017-11574713.06.2017JP
発明の名称: (EN) EXHAUST GAS TREATMENT SYSTEM
(FR) SYSTÈME DE TRAITEMENT DE GAZ D’ÉCHAPPEMENT
(JA) 排ガス処理装置
要約:
(EN) An exhaust gas treatment system which is able to purify an exhaust gas having a moisture content, and which is provided with superheated steam generation pipes (20, 40) and a housing (10). The superheated steam generation pipes (20, 40) are formed from a material that is capable of generating heat by means of application of an electric current, and have flow paths (200, 400) through which the exhaust gas is able to be flowed; and the moisture content contained in the exhaust gas flowing through the flow paths is converted into superheated steam by means of the heat. The housing (10) is provided so as to be able to contain the superheated steam generation pipes, and is configured so that the exhaust gas is able to be flowed therein before being introduced into the flow paths; and the exhaust gas is able to be preheated by means of the heat of the superheated steam generation pipes.
(FR) Un système de traitement de gaz d'échappement qui est apte à purifier un gaz d'échappement ayant une teneur en humidité, et qui est pourvu de tuyaux de génération de vapeur surchauffée (20, 40) et d'un boîtier (10). Les tuyaux de génération de vapeur surchauffée (20, 40) sont formés à partir d'un matériau qui est capable de générer de la chaleur au moyen de l'application d'un courant électrique, et ont des chemins d'écoulement (200, 400) à travers lequel le gaz d'échappement peut s'écouler; et la teneur en humidité contenue dans le gaz d'échappement s'écoulant à travers les chemins d'écoulement est convertie en vapeur surchauffée au moyen de la chaleur. Le boîtier (10) est disposé de façon à pouvoir contenir les tuyaux de génération de vapeur surchauffée, et est configuré de telle sorte que le gaz d'échappement peut s'y écouler avant d'être introduit dans les chemins d'écoulement; et le gaz d'échappement est apte à être préchauffé au moyen de la chaleur des tuyaux de génération de vapeur surchauffée.
(JA) 水分を含む排ガスを浄化可能な排ガス処理装置であって、過熱蒸気生成パイプ(20,40)、及び、ハウジング(10)を備える。過熱蒸気生成パイプ(20,40)は、通電によって熱を発生可能な材料から形成され、排ガスを流通可能な流路(200,400)を有し、当該熱によって流路を流れる排ガスに含まれる水分を過熱蒸気とする。ハウジング(10)は、過熱蒸気生成パイプを収容可能に設けられ、流路に導入される前の排ガスを流通可能に形成され、過熱蒸気生成パイプの熱によって排ガスを予備加熱可能である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)