このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018230272) タイヤ用樹脂金属複合部材、及びタイヤ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/230272 国際出願番号: PCT/JP2018/019551
国際公開日: 20.12.2018 国際出願日: 21.05.2018
IPC:
B60C 9/00 (2006.01) ,B60C 5/01 (2006.01) ,B60C 9/22 (2006.01) ,B60C 15/04 (2006.01) ,C09J 167/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9
空気タイヤの補強またはプライ配列
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
5
膨張可能な空気入りタイヤまたは内部チューブ
01
実質的なコード補強のないもの,例.コードレスタイヤ,キャストタイヤ
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
9
空気タイヤの補強またはプライ配列
18
ベルトまたはブレーカー,頂部の補強または緩衝層の構造または配列
20
ゴム引きのほぼ平行な索条プライで作るもの
22
タイヤの円周に沿って配列した索条プライ
B 処理操作;運輸
60
車両一般
C
車両用タイヤ;タイヤの膨張;タイヤの交換;膨張可能な弾性体一般への弁の取付け;タイヤに関する装置または部品
15
タイヤビード,例.プライ折返しまたは折重ね
04
ビード芯
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
167
主鎖にカルボン酸エステル結合を形成する反応によって得られるポリエステルに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
出願人:
株式会社ブリヂストン BRIDGESTONE CORPORATION [JP/JP]; 東京都中央区京橋三丁目1番1号 1-1, Kyobashi 3-chome, Chuo-ku, Tokyo 1048340, JP
発明者:
中北 行紀 NAKAKITA, Yukinori; JP
筆本 啓之 FUDEMOTO, Hiroyuki; JP
代理人:
特許業務法人太陽国際特許事務所 TAIYO, NAKAJIMA & KATO; 東京都新宿区新宿4丁目3番17号 3-17, Shinjuku 4-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600022, JP
優先権情報:
2017-11890316.06.2017JP
発明の名称: (EN) RESIN-METAL COMPOSITE MEMBER FOR TIRE, AND TIRE
(FR) ÉLÉMENT COMPOSITE RÉSINE ET MÉTAL POUR PNEUMATIQUE, ET PNEUMATIQUE
(JA) タイヤ用樹脂金属複合部材、及びタイヤ
要約:
(EN) This resin-metal composite member for tires comprises a metallic member (27), an adhesive layer (25), and a coating resin layer (28) in that order. The adhesive layer (25) contains a polyester thermoplastic elastomer comprising a polar functional group, wherein a hard segment (HS) and a soft segment (SS) are present in the polyester thermoplastic elastomer comprising a polar functional group, such that the ratio (HS/(HS+SS)) of the hard segment (HS) relative to the total amount of the hard segment (HS) and the soft segment (SS) is between 83 mol% and 98 mol%, inclusive.
(FR) L’invention concerne un élément composite résine et métal pour pneumatique qui possède dans l’ordre un élément métallique (27), une couche adhésive (25) et une couche en résine de revêtement (28). La couche adhésive (25) contient un élastomère thermoplastique à base de polyester possédant un groupe fonctionnel polaire. Le rapport 〔HS/(HS+SS)〕 d’un segment dur (HS) par rapport à la quantité totale de segment dur (HS) et de segment souple (SS), dans ledit élastomère thermoplastique à base de polyester possédant un groupe fonctionnel polaire, est supérieur ou égal à 83% en moles et inférieur ou égal à 98% en moles.
(JA) 金属部材(27)と接着層(25)と被覆樹脂層(28)とをこの順に有するタイヤ用樹脂金属複合部材であって、接着層(25)が、極性官能基を有するポリエステル系熱可塑性エラストマーを含み、前記極性官能基を有するポリエステル系熱可塑性エラストマーにおける、ハードセグメント(HS)及びソフトセグメント(SS)の総量に対するハードセグメント(HS)の比〔HS/(HS+SS)〕が83mol%以上98mol%以下である、タイヤ用樹脂金属複合部材。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)