このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018230020) 摩擦部材及びディスクブレーキパッド
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

みなし取下げ 08.02.2019


国際公開番号: WO/2018/230020 国際出願番号: PCT/JP2017/047346
国際公開日: 20.12.2018 国際出願日: 28.12.2017
IPC:
F16D 65/092 (2006.01) ,C22C 32/00 (2006.01) ,F16D 69/02 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
02
ブレーキ部材;それの装備
04
バンド,シューまたはパッド,そのための枢軸または支持部材
092
軸方向に係合するブレーキ,例.ディスクブレーキのためのもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
32
その状態で加えたかまたは合金中で形成された酸化物,炭化物,ほう化物,窒化物,けい化物,またはその他の金属化合物,例.酸窒化物,硫化物,を5重量%以上50重量%未満含有する非鉄合金
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
69
摩擦ライニング;その取り付け;共同的に作用する摩擦材または摩擦面の選択
02
ライニングの構成物(化学的な見地は適切なクラスを参照)
出願人:
日立化成株式会社 HITACHI CHEMICAL COMPANY, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 9-2, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1006606, JP
発明者:
海野 光朗 UNNO, Mitsuo; JP
高橋 良尚 TAKAHASHI, Yoshihisa; JP
豊田 一 TOYODA, Hajime; JP
代理人:
平澤 賢一 HIRASAWA, Kenichi; JP
澤山 要介 SAWAYAMA, Yosuke; JP
優先権情報:
2017-11674914.06.2017JP
発明の名称: (EN) FRICTION MEMBER AND DISC BRAKE PAD
(FR) ÉLÉMENT DE FROTTEMENT ET PLAQUETTE DE FREIN À DISQUE
(JA) 摩擦部材及びディスクブレーキパッド
要約:
(EN) Provided is a friction member (such as a disc brake pad), the weight of which is reduced by weight reduction of a back plate (1) and the durability of which after repeated braking is improved. A specific example of the friction member includes an friction material (2) disposed on one surface (11) of a back plate that includes a material having a smaller specific gravity than steel, wherein the thermal conductivity in the thickness direction of the friction material (2) is 0.4 W/m・K or less.
(FR) L'invention concerne un élément de frottement (tel qu'une plaquette de frein à disque), dont le poids est réduit par réduction du poids d'une plaque arrière (1) et dont la durabilité après un freinage répété est améliorée. Un exemple spécifique de l'élément de frottement comprend un matériau de frottement (2) disposé sur une surface (11) d'une plaque arrière qui comprend un matériau ayant une densité spécifique inférieure à celle de l'acier, la conductivité thermique dans le sens de l'épaisseur du matériau de frottement (2) étant égale ou inférieure à 0,4 W/m・K.
(JA) バックプレート(1)の軽量化によって摩擦部材(ディスクブレーキパッド等)の軽量化を図ると共に、繰り返し制動後の耐久性が改善された摩擦部材を提供する。前記摩擦部材としては、具体的には、鋼より比重の軽い素材を含有するバックプレートの一方の面(11)に摩擦材(2)が配置された摩擦部材であって、前記摩擦材(2)の厚み方向の熱伝導率が0.4W/m・K以下の摩擦部材等である。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)