このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018230001) 金属製素形材の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/230001 国際出願番号: PCT/JP2017/026055
国際公開日: 20.12.2018 国際出願日: 19.07.2017
IPC:
B21D 22/28 (2006.01) ,B21D 3/14 (2006.01) ,B21D 22/16 (2006.01) ,B21D 51/18 (2006.01)
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
22
型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
20
深しぼり
28
連続するダイスを用いる円筒状の物品のもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
3
金属棒,金属管,金属プロフィル,またはそれから作られた特殊な物品であって,金属板の部分を含むかあるいは含まないものの矯正または形状の回復
14
再輪郭付け
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
22
型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
14
へら絞り
16
マンドレルまたは成形型上で成形するもの
B 処理操作;運輸
21
本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D
本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;押抜き
51
中空体の製造
16
対象物の用途に特徴のあるもの
18
容器,例.管,大桶,タンク,下水溜めまたは類似のもの
出願人:
株式会社カネミツ KANEMITSU CORPORATION [JP/JP]; 兵庫県明石市大蔵本町20番26号 20-26, Ookurahonmachi, Akashi-shi, Hyogo 6730874, JP
発明者:
藤井 直樹 FUJII Naoki; JP
代理人:
鈴江 正二 SUZUE Shoji; JP
優先権情報:
2017-11741415.06.2017JP
発明の名称: (EN) METALLIC-FABRICATED-MATERIAL MANUFACTURING METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE MATÉRIAU FABRIQUÉ MÉTALLIQUE
(JA) 金属製素形材の製造方法
要約:
(EN) The accuracy of the outer diameter of a metallic fabricated material having a circular tube section is improved. A metallic-fabricated-material manufacturing method according to the present invention includes a circular-tube-section forming step S300 and an elongation step S302. In the circular-tube-section forming step S300, plastic working is applied to a metal plate (not shown) so as to form a metallic fabricated material. In the elongation step S302, in a state in which a flange section of the metallic fabricated material is fixed, a rotation punch proceeds into a circular tube section of the metallic fabricated material. Accordingly, the circular tube section is elongated.
(FR) La présente invention permet d’améliorer la précision du diamètre externe d’un matériau fabriqué métallique comportant une section de tube circulaire. La présente invention concerne un procédé de fabrication de matériau fabriqué métallique, comprenant une étape de formation de section de tube circulaire (S300) et une étape d'allongement (S302). Dans l'étape de formation de section de tube circulaire (S300), un travail plastique est appliqué à une plaque métallique (non représentée) de façon à former un matériau fabriqué métallique. Dans l'étape d'allongement (S302), dans un état dans lequel une section de bride du matériau fabriqué métallique est fixée, un poinçon de rotation passe dans une section de tube circulaire du matériau fabriqué métallique. Par conséquent, la section de tube circulaire est allongée.
(JA) 円管部を有する金属製素形材の外径の精度を高くする。 金属製素形材の製造方法は、円管部形成工程S300と、伸長工程S302とを備える。円管部形成工程S300において、金属製素形材が形成されるように図示されない金属板が塑性加工される。伸長工程S302において、金属製素形材のフランジ部が固定された状態でその円管部に回転パンチが進入する。これにより、円管部が伸長させられる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)