このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018225732) MAGE-A4由来ペプチドを認識する抗原結合性タンパク質
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/225732 国際出願番号: PCT/JP2018/021561
国際公開日: 13.12.2018 国際出願日: 05.06.2018
IPC:
C12N 15/13 (2006.01) ,A61K 35/17 (2015.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,C07K 14/47 (2006.01) ,C07K 14/705 (2006.01) ,C07K 16/28 (2006.01) ,C07K 16/30 (2006.01) ,C07K 19/00 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 15/62 (2006.01) ,C12N 15/63 (2006.01) ,C12N 5/0783 (2010.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
12
動物蛋白質をコードする遺伝子
13
免疫グロブリン
[IPC code unknown for A61K 35/17]
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
46
脊椎動物から
47
哺乳動物から
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
14
21個以上のアミノ酸を含有するペプチド;ガストリン;ソマトスタチン;メラノトロピン;その誘導体
435
動物から;ヒトから
705
レセプター;細胞表面抗原;細胞表面決定因子
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
18
動物またはヒトからの物質に対するもの
28
レセプター,細胞表面抗原または細胞表面決定因子に対するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
16
免疫グロブリン,例.モノクローナル抗体またはポリクローナル抗体
18
動物またはヒトからの物質に対するもの
28
レセプター,細胞表面抗原または細胞表面決定因子に対するもの
30
腫瘍細胞から
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
19
ハイブリッドペプチド
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
62
融合蛋白質をコードするDNA配列
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
63
ベクターを用いた外来遺伝物質の導入;ベクター;そのための宿主の使用;発現の制御
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
07
動物細胞または組織
071
脊椎動物細胞または組織,例.ヒト細胞または組織
078
血液または免疫系からの細胞
0783
T細胞;NK細胞;T細胞又はNK細胞の前駆細胞
出願人:
国立大学法人三重大学 MIE UNIVERSITY [JP/JP]; 三重県津市栗真町屋町1577 1577, Kurimamachiya-cho, Tsu-shi, Mie 5148507, JP
発明者:
珠玖 洋 SHIKU, Hiroshi; JP
赤堀 泰 AKAHORI, Yasushi; JP
加藤 裕也 KATO, Yuya; JP
宮原 慶裕 MIYAHARA, Yoshihiro; JP
代理人:
小林 洋平 KOBAYASHI, Youhei; JP
優先権情報:
2017-11115705.06.2017JP
発明の名称: (EN) ANTIGEN-BINDING PROTEIN RECOGNIZING MAGE-A4-DERIVED PEPTIDE
(FR) PROTÉINE DE LIAISON À L'ANTIGÈNE RECONNAISSANT UN PEPTIDE DÉRIVÉ D'UN MAGE-A4
(JA) MAGE-A4由来ペプチドを認識する抗原結合性タンパク質
要約:
(EN) [Problem] To provide CAR T cells that can be used in CAR infusion therapy in which a cancer-specific intracellular antigen is used. [Solution] The problem is solved by CAR T cells for cancer therapy provided with an antibody that recognizes a MAGE-A4-derived peptide and an HLA-A2 complex, wherein the antibody has a VH amino acid sequence of SEQ ID NO: 36 and a VL amino acid sequence of SEQ ID NO: 38. In this case, the antibody preferably is provided with an amino acid sequence of SEQ ID NO: 32.
(FR) Le problème décrit par la présente invention est de fournir des cellules CAR-T qui peuvent être utilisées dans une thérapie par perfusion de CAR dans laquelle un antigène intracellulaire spécifique du cancer est utilisé. La solution selon l'invention porte sur des cellules CAR-T pour une thérapie anticancéreuse comprenant un anticorps qui reconnaît un peptide dérivé d'un MAGE-A4 et un complexe HLA-A2, l'anticorps ayant une séquence d'acides aminés VH de SEQ ID NO: 36 et une séquence d'acides aminés VL de SEQ ID NO: 38. Dans ce cas, l'anticorps est de préférence pourvu d'une séquence d'acides aminés de SEQ ID NO: 32.
(JA) 【課題】 がん特異的な細胞内抗原を用いたCAR輸注療法に使用できるCAR-T細胞を提供すること。 【解決手段】 MAGE-A4由来ペプチドとHLA-A2複合体を認識する抗体を備えたがん治療用CAR-T細胞であって、前記抗体は、配列番号36のVHのアミノ酸配列と、配列番号38のVLのアミノ酸配列を有するがん治療用CAR-T細胞によって解決される。このとき、前記抗体は、配列番号32のアミノ酸配列を備えることが好ましい。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)