このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018221738) ホットスタンプ部材
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/221738 国際出願番号: PCT/JP2018/021254
国際公開日: 06.12.2018 国際出願日: 01.06.2018
IPC:
C23C 28/00 (2006.01) ,B32B 9/00 (2006.01) ,B32B 15/04 (2006.01) ,C22C 21/00 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/38 (2006.01) ,C23C 2/12 (2006.01) ,C23C 2/26 (2006.01) ,C21D 1/18 (2006.01) ,C21D 9/00 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
28
メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
9
本質的にグループ11/00~29/00に包含されない特殊な物質からなる積層体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
38
マンガンを1.5重量%より多く共に含有するもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
04
被覆材料に特徴があるもの
12
アルミニウムまたはアルミニウム基合金
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
2
形状に影響を及ぼすことのない溶融状態にある被覆材料の適用による溶融メッキまたは溶融浸漬法;そのための装置
26
後処理
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
1
熱処理,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼きもどし,の一般的方法または装置
18
硬化;その後の焼もどしを伴うあるいは伴わない焼入れ
C 化学;冶金
21
鉄冶金
D
鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
9
特定の品物に用いられる熱処理,それに用いる炉,例.焼なまし,硬化,焼入れ,焼もどし(炉一般F27)
出願人:
新日鐵住金株式会社 NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP
発明者:
鈴木 優貴 SUZUKI Yuki; JP
藤田 宗士 FUJITA Soshi; JP
真木 純 MAKI Jun; JP
楠見 和久 KUSUMI Kazuhisa; JP
布田 雅裕 FUDA Masahiro; JP
入川 秀昭 IRIKAWA Hideaki; JP
代理人:
棚井 澄雄 TANAI Sumio; JP
寺本 光生 TERAMOTO Mitsuo; JP
勝俣 智夫 KATSUMATA Tomoo; JP
山口 洋 YAMAGUCHI Yoh; JP
優先権情報:
2017-11021202.06.2017JP
発明の名称: (EN) HOT STAMP MEMBER
(FR) ÉLÉMENT D'ESTAMPAGE À CHAUD
(JA) ホットスタンプ部材
要約:
(EN) The hot stamp member according to the present invention comprises a steel material, an Al-Fe intermetallic compound layer formed on the steel material, and an oxide film layer formed on the Al-Fe intermetallic compound layer. The oxide film layer includes: one or more group A elements selected from the group consisting of Be, Mg, Ca, Sr, Ba, Sc, Ti, V, Cr, Mn, Fe, Co, Ni, Cu, and Zn; Al; oxygen; and impurities. The ratio of the group A element(s) excluding the oxygen in the oxide film layer is 0.01-80 at%, and the thickness t of the oxide film layer is 0.1-10.0 μm. When the group A element(s) in the oxide film layer is measured in the thickness direction from the surface of the oxide film layer by using GDS, the maximum value of the detected intensity of the group A element(s) in the range of 1/3 times the thickness t from the surface is 3.0 times or more of the average value of the detected intensity of the group A element(s) in the range from 2/3 times the thickness t to the thickness t.
(FR) Selon la présente invention, un élément d'estampage à chaud comprend un matériau d'acier, une couche de composé intermétallique Al-Fe formée sur le matériau d'acier, et une couche de type film d'oxyde formée sur la couche de composé intermétallique Al-Fe. La couche de type film d'oxyde comprend : au moins un élément du groupe A choisi dans le groupe constitué par Be, Mg, Ca, Sr, Ba, Sc, Ti, V, Cr, Mn, Fe, Co, Ni, Cu et Zn ; Al ; oxygène ; et des impuretés. Le rapport d'éléments du groupe A, à l'exclusion de l'oxygène dans la couche de type film d'oxyde, est de 0,01 à 80 %, et l'épaisseur t de la couche de type film d'oxyde est de 0,1 à 10,0 µm. Lorsque le (les) élément(s) du groupe A, dans la couche de type film d'oxyde, est (sont) mesuré(s), dans le sens de l'épaisseur à partir de la surface de la couche de type film d'oxyde, à l'aide de GDS, la valeur maximale de l'intensité détectée de (des) élément(s) du groupe A dans la plage de 1/3 fois l'épaisseur t à partir de la surface est de 3,0 fois ou plus la valeur moyenne de l'intensité détectée de (des) élément(s) du groupe A dans la plage de 2/3 fois l'épaisseur t par rapport à l'épaisseur t.
(JA) このホットスタンプ部材は、鋼材と、前記鋼材上に形成されたAl-Fe金属間化合物層と、前記Al-Fe金属間化合物層上に形成された酸化膜層と、を有し、前記酸化膜層が、Be、Mg、Ca、Sr、Ba、Sc、Ti、V、Cr、Mn、Fe、Co、Ni、Cu、Znからなる群から選択される1種または2種以上のA群元素と、Alと、酸素と、不純物とからなり、前記酸化膜層中の前記酸素を除く前記A群元素の比率が0.01原子%以上、80原子%以下であり、前記酸化膜層の厚みtが0.1~10.0μmであり、GDSを用いて、前記酸化膜層の表面から厚み方向に、前記酸化膜層中のA群元素を測定した場合に、前記表面から前記厚みtの1/3倍までの範囲における前記A群元素の検出強度の最大値が、前記厚みtの2/3倍からtまでの範囲における前記A群元素の検出強度の平均値の、3.0倍以上である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)