このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018221701) アンモニア分解触媒構造体及び燃料電池
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/221701 国際出願番号: PCT/JP2018/021089
国際公開日: 06.12.2018 国際出願日: 31.05.2018
IPC:
B01J 29/035 (2006.01) ,B01J 29/14 (2006.01) ,B01J 29/46 (2006.01) ,B01J 29/68 (2006.01) ,B01J 29/76 (2006.01) ,B01J 35/10 (2006.01) ,C01B 3/04 (2006.01) ,H01M 8/0606 (2016.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
29
分子ふるいからなる触媒
03
塩基交換特性を有しないもの
035
結晶性シリカ多形体,例.シリカライト
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
29
分子ふるいからなる触媒
04
塩基交換特性を有するもの,例.結晶性ゼオライト,ピラードクレイ
06
結晶性アルミニウムけい酸塩ゼオライト;その同形化合物
08
フォージャサイト型のもの,例.XまたはY型
10
鉄族金属,貴金属または銅を含有するもの
14
鉄族金属または銅
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
29
分子ふるいからなる触媒
04
塩基交換特性を有するもの,例.結晶性ゼオライト,ピラードクレイ
06
結晶性アルミニウムけい酸塩ゼオライト;その同形化合物
40
ペンタシル型の,例.ZSM-5,ZSM-8またはZSM-11型
42
鉄族金属,貴金属または銅を含有するもの
46
鉄族金属または銅
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
29
分子ふるいからなる触媒
04
塩基交換特性を有するもの,例.結晶性ゼオライト,ピラードクレイ
06
結晶性アルミニウムけい酸塩ゼオライト;その同形化合物
65
フェリエライト型の,例.ZSM-21,ZSM-35,またはZSM-38型
66
鉄族金属,貴金属または銅を含有するもの
68
鉄族金属または銅
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
29
分子ふるいからなる触媒
04
塩基交換特性を有するもの,例.結晶性ゼオライト,ピラードクレイ
06
結晶性アルミニウムけい酸塩ゼオライト;その同形化合物
70
グループ29/08から29/65までに分類されない,その特定の構造に特徴のある型の
72
鉄族金属,貴金属または銅を含有するもの
76
鉄族金属または銅
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
10
表面特性または多孔性に特徴のあるもの
C 化学;冶金
01
無機化学
B
非金属元素;その化合物
3
水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02
水素または水素含有混合ガスの製造
04
無機化合物,例.アンモニア,の分解によるもの
[IPC code unknown for H01M 8/0606]
出願人:
古河電気工業株式会社 FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目2番3号 2-3, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008322, JP
発明者:
加藤 禎宏 KATO Sadahiro; JP
福嶋 將行 FUKUSHIMA Masayuki; JP
高橋 尋子 TAKAHASHI Hiroko; JP
馬場 祐一郎 BANBA Yuichiro; JP
関根 可織 SEKINE Kaori; JP
代理人:
アインゼル・フェリックス=ラインハルト EINSEL Felix-Reinhard; JP
前川 純一 MAEKAWA Junichi; JP
二宮 浩康 NINOMIYA Hiroyasu; JP
上島 類 UESHIMA Rui; JP
住吉 秀一 SUMIYOSHI Shuichi; JP
優先権情報:
2017-10863531.05.2017JP
発明の名称: (EN) AMMONIA DECOMPOSITION CATALYST STRUCTURE AND FUEL CELL
(FR) STRUCTURE DE CATALYSEUR DE DÉCOMPOSITION D'AMMONIAC ET PILE À COMBUSTIBLE
(JA) アンモニア分解触媒構造体及び燃料電池
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide an ammonia decomposition catalyst structure which favorably maintains catalyst activity by suppressing aggregation of catalyst particles and which enables an efficient decomposition reaction of ammonia into hydrogen, and a fuel cell using said catalyst structure. This ammonia decomposition catalyst structure, used to decompose ammonia and generate hydrogen, is characterized by being provided with a carrier of a porous structure configured from a zeolite compound, and at least one catalytic material present in the carrier, wherein the carrier has passages that communicate with each other, the catalytic material is metal microparticles and is present at least in the passages of the carrier.
(FR) Le but de la présente invention est de fournir une structure de catalyseur de décomposition d'ammoniac qui maintient favorablement l'activité du catalyseur en supprimant l'agrégation de particules de catalyseur et qui permet une réaction de décomposition efficace de l'ammoniac en hydrogène, ainsi qu'une pile à combustible utilisant ladite structure de catalyseur. La structure de catalyseur de décomposition d'ammoniac selon l'invention, utilisée pour décomposer l'ammoniac et générer de l'hydrogène, est caractérisée en ce qu'elle est pourvue d'un support d'une structure poreuse conçue à partir d'un composé de zéolite et d'au moins un matériau catalytique présent dans le support, le support comportant des passages qui communiquent l'un avec l'autre, le matériau catalytique étant des microparticules métalliques et étant présent au moins dans les passages du support.
(JA) 本発明の目的は、触媒粒子の凝集を抑制することで触媒活性を良好に維持し、アンモニアから水素への分解反応を効率良く行うことが可能なアンモニア分解触媒構造体及びこれを用いた燃料電池を提供することにある。アンモニアを分解して水素を生成するために用いられるアンモニア分解触媒構造体であって、ゼオライト型化合物で構成される多孔質構造の担体と、前記担体に内在する少なくとも1つの触媒物質と、を備え、前記担体が、互いに連通する通路を有し、前記触媒物質が、金属微粒子であり、前記担体の少なくとも前記通路に存在していることを特徴とするアンモニア分解触媒構造体。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)