国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018221695) 流動接触分解用構造体及びその製造方法、並びに、これを備える流動接触分解用装置

Pub. No.:    WO/2018/221695    International Application No.:    PCT/JP2018/021083
Publication Date: Fri Dec 07 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri Jun 01 01:59:59 CEST 2018
IPC: B01J 29/035
B01J 29/70
C10G 11/18
Applicants: FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD.
古河電気工業株式会社
Inventors: KATO Sadahiro
加藤 禎宏
FUKUSHIMA Masayuki
福嶋 將行
TAKAHASHI Hiroko
高橋 尋子
BANBA Yuichiro
馬場 祐一郎
SEKINE Kaori
関根 可織
Title: 流動接触分解用構造体及びその製造方法、並びに、これを備える流動接触分解用装置
Abstract:
優れた触媒活性を有し、触媒物質同士の凝集を抑制することによって長期にわたり良好な触媒活性を実現し得る流動接触分解用触媒構造体及びこれを有する流動接触分解用装置並びに流動接触分解用触媒構造体の製造方法を提供する。 ゼオライト型化合物で構成される多孔質構造の担体と、前記担体に内在する少なくとも1つの触媒物質と、を備え、前記担体が、互いに連通する通路を有し、前記触媒物質が、金属微粒子又は固体酸であり、前記担体の少なくとも前記通路に存在しており、前記触媒物質が金属微粒子の場合に、ニッケル、コバルト、鉄、銅、金、銀、白金、パラジウム、ロジウム、イリジウム、ルテニウム、オスミウム及びモリブデンからなる群より選択される少なくとも1種の金属の微粒子であることを特徴とする流動接触分解用触媒構造体。