このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018221608) 車両ボディの塗装方法および車両ボディの塗装システム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/221608 国際出願番号: PCT/JP2018/020806
国際公開日: 06.12.2018 国際出願日: 30.05.2018
IPC:
B05D 1/02 (2006.01) ,B05B 5/04 (2006.01) ,B05B 5/08 (2006.01) ,B05B 13/02 (2006.01) ,B05D 1/04 (2006.01) ,B05D 3/00 (2006.01) ,B05D 7/14 (2006.01) ,B62D 65/00 (2006.01) ,B05B 3/10 (2006.01)
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
1
液体または他の流動性材料を適用する方法
02
噴霧によって行なわれるもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
B
霧化装置;噴霧装置;ノズル
5
静電噴霧装置;電気的に噴霧を荷電させる手段を有する噴霧装置;他の電気的手段により液体または他の流動性材料を噴霧する装置
025
放出装置,例.静電噴霧ガン
04
旋回排出口または偏向要素を有することに特徴があるもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
B
霧化装置;噴霧装置;ノズル
5
静電噴霧装置;電気的に噴霧を荷電させる手段を有する噴霧装置;他の電気的手段により液体または他の流動性材料を噴霧する装置
08
対象物に液体または他の流動性材料を適用するための設備
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
B
霧化装置;噴霧装置;ノズル
13
1/00から11/00に包含されない,噴霧によって対象物または他の加工物の表面に液体または流動性材料を適用させるための機械またはプラント
02
被加工物を支持する手段;スプレーヘッドの配置または装架;被加工物を供給する手段の適合または配置
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
1
液体または他の流動性材料を適用する方法
02
噴霧によって行なわれるもの
04
静電界の使用を含むもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
3
液体または他の流動性材料を適用する表面の前処理;適用されたコーティングの後処理,例.液体または他の流動性材料を続いて適用することに先だってなされるすでに適用されたコーティングの中間処理
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7
液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
14
金属に適用するもの,例.自動車車体
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
D
自動車;付随車
65
自動車またはトレーラーの設計,製造,例.組立て,解体,または構造的な変更で他に分類されないもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
B
霧化装置;噴霧装置;ノズル
3
可動排出口,可動偏向要素を有する噴霧,散布装置
02
旋回機構を有するもの
10
実質的に旋回部材の全周囲に放出するもの
出願人:
ABB株式会社 ABB K.K. [JP/JP]; 東京都品川区大崎二丁目1番1号 1-1, Osaki 2-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1416022, JP
発明者:
山田 士郎 YAMADA Shiro; JP
軸屋 浩 JIKUYA Hiroshi; JP
山内 邦治 YAMAUCHI Kuniharu; JP
代理人:
特許業務法人広和特許事務所 HIROWA PATENT FIRM; 東京都新宿区西新宿3丁目1番3号 西新宿小出ビル4階 4F., Nishishinjuku Koide Bldg., 1-3, Nishishinjuku 3-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600023, JP
優先権情報:
2017-10914501.06.2017JP
発明の名称: (EN) VEHICLE BODY COATING METHOD AND VEHICLE BODY COATING SYSTEM
(FR) PROCÉDÉ DE REVÊTEMENT DE CARROSSERIE DE VÉHICULE ET SYSTÈME DE REVÊTEMENT DE CARROSSERIE DE VÉHICULE
(JA) 車両ボディの塗装方法および車両ボディの塗装システム
要約:
(EN) The present invention comprises: a conveyance line (23) for conveying a vehicle body (11) including an inner surface and an outer surface; a left-side coating machine (1L) that is disposed on the left side in the width direction across the conveyance line (23); and a right-side coating machine (1R) that is disposed on the right side in the width direction across the conveyance line (23). The left-side coating machine (1L) and the right-side coating machine (1R) have the same structure for spraying a coating from a rotary atomizing head (6). The coating machines (1L, 1R) are configured such that the size of a coating pattern of the coating can be adjusted to a minimum pattern, a maximum pattern, and an intermediate pattern that is between the minimum pattern and the maximum pattern.
(FR) La présente invention concerne : une ligne de transport (23) pour transporter une carrosserie de véhicule (11) comprenant une surface interne et une surface externe ; une machine de revêtement côté gauche (1L) qui est disposée sur le côté gauche dans la direction de la largeur à travers la ligne de transport (23) ; et une machine de revêtement côté droit (1R) qui est disposée sur le côté droit dans la direction de la largeur à travers la ligne de transport (23). La machine de revêtement côté gauche (1L) et la machine de revêtement côté droit (1R) ont la même structure pour pulvériser un revêtement à partir d'une tête d'atomisation rotative (6). Les machines de revêtement (1L, 1R) sont conçues de telle sorte que la taille d'un motif de revêtement du revêtement puisse être ajustée à un motif minimal, un motif maximal et un motif intermédiaire qui se trouve entre le motif minimal et le motif maximal.
(JA) 内面と外面とを有する車両ボディ(11)を搬送するための搬送ライン(23)と、搬送ライン(23)を挟む幅方向の左側に配置された左側の塗装機(1L)と、搬送ライン(23)を挟む幅方向の右側に配置された右側の塗装機(1R)とを備えている。この上で、左側の塗装機(1L)および右側の塗装機(1R)は、回転霧化頭(6)から塗料を噴霧する同一構造をもった塗装機である。これらの塗装機(1L,1R)は、塗料の塗装パターンの大きさが、最小パターンと、最大パターンと、最小パターンと最大パターンとの中間となった中間パターンとに調整可能に構成されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)