このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018221488) ノウハウ情報処理システム、方法及び装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/221488 国際出願番号: PCT/JP2018/020462
国際公開日: 06.12.2018 国際出願日: 29.05.2018
IPC:
G06Q 10/06 (2012.01) ,A01G 7/00 (2006.01) ,A61B 5/16 (2006.01) ,G06Q 50/02 (2012.01)
G 物理学
06
計算;計数
Q
管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したデータ処理システムまたは方法;他に分類されない,管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したシステムまたは方法
10
管理;経営
06
資源,ワークフロー,人員またはプロジェクト管理,例.組織化,計画,スケジューリング,時間的,人的または物的資源の割り当て;事業計画;組織モデル
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
G
園芸;野菜,花,稲,果樹,ぶどう,ホップ,海草の栽培;林業;灌水
7
植物の生態一般
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
B
診断;手術;個人識別
5
診断のための検出,測定または記録;個体の識別
16
心理検査のための用具;反応時間の検査
G 物理学
06
計算;計数
Q
管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したデータ処理システムまたは方法;他に分類されない,管理目的,商用目的,金融目的,経営目的,監督目的または予測目的に特に適合したシステムまたは方法
50
特定の業種に特に適合したシステムまたは方法,例.公益事業または観光業
02
農業;漁業;鉱業
出願人:
本田技研工業株式会社 HONDA MOTOR CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区南青山二丁目1番1号 1-1, Minami-Aoyama 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1078556, JP
発明者:
西敦史 NISHI Atsushi; JP
下田美由紀 SHIMOTA Miyuki; JP
佐野尊一 SANO Takaichi; JP
柚沢誠 YUZAWA Makoto; JP
山本誠一 YAMAMOTO Seiichi; JP
井口恵一 IGUCHI Keiichi; JP
代理人:
千葉剛宏 CHIBA Yoshihiro; JP
宮寺利幸 MIYADERA Toshiyuki; JP
千馬隆之 SENBA Takayuki; JP
仲宗根康晴 NAKASONE Yasuharu; JP
坂井志郎 SAKAI Shiro; JP
関口亨祐 SEKIGUCHI Kosuke; JP
優先権情報:
2017-10734431.05.2017JP
発明の名称: (EN) KNOW-HOW INFORMATION PROCESSING SYSTEM, METHOD AND DEVICE
(FR) SYSTÈME, PROCÉDÉ ET DISPOSITIF DE TRAITEMENT D'INFORMATIONS DE SAVOIR-FAIRE
(JA) ノウハウ情報処理システム、方法及び装置
要約:
(EN) Provided are a know-how information processing system, method and device with which it is possible to utilize advanced know-how which responds to changes in the surrounding environment. This know-how information processing system links action information and event information acquired at the same time or within a prescribed time period, records the same as a life log of a subject (operator), and outputs information in which the life log and environment information are associated with one another (know-how data) or information generated from the associated information (know-how content), as know-how information.
(FR) L'invention concerne un système, un procédé et un dispositif de traitement d'informations de savoir-faire permettant d'utiliser un savoir-faire avancé qui répond aux changements de l'environnement ambiant. Ce système de traitement d'informations de savoir-faire relie les informations d'action et les informations d'événement acquises en même temps ou durant une période prescrite, enregistre celles-ci sous la forme d’un journal de vie d'un sujet (opérateur) et génère des informations dans lesquelles les informations du journal de vie et de l'environnement sont associées les unes aux autres (données de savoir-faire) ou bien des informations générées à partir des informations associées (contenu de savoir-faire) sous la forme d'informations de savoir-faire.
(JA) 周囲環境の変化に対応する高度なノウハウを活用可能なノウハウ情報処理システム、方法及び装置を提供する。ノウハウ情報処理システムは、同時期又は所定時間内にそれぞれ取得された行動情報とイベント情報とを紐付けし、対象者(作業者)のライフログとして記録し、ライフログと環境情報とを関連付けた情報(ノウハウデータ)又は関連付けた情報から生成した情報(ノウハウコンテンツ)を、ノウハウ情報として出力する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)