このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018221410) 油圧バルブユニット、鞍乗り型車両
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/221410 国際出願番号: PCT/JP2018/020160
国際公開日: 06.12.2018 国際出願日: 25.05.2018
IPC:
F16D 48/02 (2006.01) ,F15B 21/04 (2006.01) ,F16D 25/08 (2006.01) ,F16D 25/12 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
48
クラッチの外部制御
02
流体圧力による制御
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
15
流体圧アクチュエータ;水力学または空気力学一般
B
流体手段によって作動する系一般;流体圧アクチュエータ,例.サーボモータ;他に分類されない流体圧系の細部
21
流体アクチュエータ系の一般的特徴;このサブクラスの他のいずれのグループにも包含されない流体圧系またはその細部
04
流体の特性に関連して用いられる特殊な手段,例.逃がし,粘度変化の補償,冷却,ろ過,かくはん防止のためのもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
25
流体で作動されるクラッチ
08
クラッチ部材と一緒に回転しない流体作用をする部材をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
25
流体で作動されるクラッチ
12
前記形式の1つに特定されない細部
出願人:
本田技研工業株式会社 HONDA MOTOR CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区南青山二丁目1番1号 1-1, Minami-Aoyama 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1078556, JP
発明者:
梶原 詠介 KAJIHARA Eisuke; JP
時任 顕 TOKITO Akira; JP
小野 惇也 ONO Junya; JP
代理人:
田▲崎▼ 聡 TAZAKI Akira; JP
鈴木 慎吾 SUZUKI Shingo; JP
酒井 太一 SAKAI Taichi; JP
渡辺 伸一 WATANABE Shinichi; JP
優先権情報:
2017-10850831.05.2017JP
発明の名称: (EN) HYDRAULIC VALVE UNIT, SADDLE-TYPE VEHICLE
(FR) UNITÉ DE SOUPAPE HYDRAULIQUE, ET VÉHICULE DE TYPE À SELLE
(JA) 油圧バルブユニット、鞍乗り型車両
要約:
(EN) This hydraulic valve unit (53) is provided with a main oil path (54) which allows communication between a master cylinder side and a slave cylinder side, and a bypass oil path (55) which circumvents a valve mechanism (56) in the main oil path (54). The main oil path (54) and the main part (55a) of the bypass oil path (55) are arranged such that the orientations of the axes (C4, C5) are aligned, and, in a state in which a valve body (53a) is attached to a predetermined attachment position, the main part (55a) of the bypass oil path (55) is arranged in a position at the same height as the main oil path (54) or higher than the main oil path (54).
(FR) L'invention concerne une unité de soupape hydraulique (53) pourvue d'un trajet d'huile principal (54) qui permet la communication entre un côté maître cylindre et un côté cylindre esclave, et d'un trajet d'huile de dérivation (55) qui contourne un mécanisme de soupape (56) dans le trajet d'huile principal (54). Le trajet d'huile principal (54) et la partie principale (55a) du trajet d'huile de dérivation (55) sont agencés avec les directions des axes (C4, C5) alignées, et, dans un état dans lequel un corps de soupape (53a) est fixé à une position de fixation prédéterminée, la partie principale (55a) du trajet d'huile de dérivation (55) est disposée dans une position à la même hauteur que le trajet d'huile principal (54) ou supérieure au trajet d'huile principal (54).
(JA) 油圧バルブユニット(53)は、マスターシリンダ側とスレーブシリンダ側とを連通するメイン油路(54)と、メイン油路(54)のバルブ機構(56)を迂回するバイパス油路(55)と、を備え、メイン油路(54)とバイパス油路(55)の主部(55a)とが互いに軸線(C4,C5)の向きを揃えて配置され、かつ、バイパス油路(55)の主部(55a)は、バルブボディ(53a)を予め定めた取付位置に取り付けた状態で、メイン油路(54)と同一高さ又はメイン油路(54)よりも高い位置に配置されている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)