国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018221396) ガラスパネルユニットの製造方法

Pub. No.:    WO/2018/221396    International Application No.:    PCT/JP2018/020127
Publication Date: Fri Dec 07 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Sat May 26 01:59:59 CEST 2018
IPC: C03C 27/06
E06B 3/677
Applicants: PANASONIC INTELLECTUAL PROPERTY MANAGEMENT CO., LTD.
パナソニックIPマネジメント株式会社
Inventors: SHIMIZU, Takeshi
清水 丈司
HASEGAWA, Kazuya
長谷川 和也
NONAKA, Masataka
野中 正貴
ABE, Hiroyuki
阿部 裕之
URIU, Eiichi
瓜生 英一
ISHIKAWA, Haruhiko
石川 治彦
ISHIBASHI, Tasuku
石橋 将
Title: ガラスパネルユニットの製造方法
Abstract:
減圧状態の内部空間が形成されたガラスパネルユニットを、排気管の跡が残存しない構造で提供する。排気孔(50)が形成された第一基板(10)と第二基板(20)を、枠状の第一封止材(410)を介して接合し、内部空間(510)を形成する。排気孔(50)を通じて内部空間(510)を減圧し、内部空間(510)の減圧状態を維持しながら排気孔(50)を封止する。このとき、排気孔(50)に挿入した第二封止材(420)を、第二基板(20)に向けて押し込みながら加熱溶融させ、溶融した第二封止材(420)で排気孔(50)を封止する。第二封止材(420)が排気孔(50)に挿入され、かつ第二封止材(420)が溶融していない状態において、排気孔(50)の中心軸に沿って視たとき、排気孔(50)と第二封止材(420)の形状は互いに非相似である。