国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018221229) 背圧制御弁及びスクロール型圧縮機

Pub. No.:    WO/2018/221229    International Application No.:    PCT/JP2018/019006
Publication Date: Fri Dec 07 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri May 18 01:59:59 CEST 2018
IPC: F04C 18/02
F04C 28/00
F04C 28/26
Applicants: SANDEN HOLDINGS CORPORATION
サンデンホールディングス株式会社
Inventors: TESHIMA Atsuo
手島 淳夫
Title: 背圧制御弁及びスクロール型圧縮機
Abstract:
【課題】スクロール型圧縮機における背圧の適正化を図る。 【解決手段】背圧制御弁(400)は、吐出室に連通する弁孔(484A)、背圧室に連通する第1の圧力室H6、吸入室に連通する第2の圧力室H7、背圧室に連通する第3の圧力室H8、インジェクション圧力Pinjが導入される第4の圧力室H9、基準圧力P0が導入される第5の圧力室H10が直列配置されたボディ(440)と、第1の圧力室H6から第4の圧力室H9に亘って延在して開度を調整する弁体(420)と、インジェクション圧力Pinjと基準圧力P0との差圧で弁体(420)を移動させる感圧部材(460)と、を備える。弁体(420)は、吐出圧力Pdを開弁方向に受ける第1の受圧面S1、吸入圧力Psを開弁方向に受ける第2の受圧面S2、背圧Pmを閉弁方向に受ける第3の受圧面S3、インジェクション圧力Pinjを開弁方向に受ける第4の受圧面S4を有する。