国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018221150) 硬化性組成物、膜、近赤外線カットフィルタ、固体撮像素子、画像表示装置および赤外線センサ

Pub. No.:    WO/2018/221150    International Application No.:    PCT/JP2018/018100
Publication Date: Fri Dec 07 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri May 11 01:59:59 CEST 2018
IPC: C08L 101/00
C08F 2/44
C08F 2/48
C08F 220/26
C08K 5/00
C08L 33/00
G02B 5/22
H04N 5/369
Applicants: FUJIFILM CORPORATION
富士フイルム株式会社
Inventors: MIYATA Tetsushi
宮田 哲志
Title: 硬化性組成物、膜、近赤外線カットフィルタ、固体撮像素子、画像表示装置および赤外線センサ
Abstract:
耐光性に優れた膜を製造できる硬化性組成物を提供する。また、膜、近赤外線カットフィルタ、固体撮像素子、画像表示装置および赤外線センサを提供する。硬化性組成物は、近赤外線吸収色素と、エチレン性不飽和結合を有する基を有する重合性モノマーと、樹脂と、ラジカル重合開始剤とを含み、硬化性組成物の全固形分中における近赤外線吸収色素の含有量は10質量%以上であり、重合性モノマーの全質量中における、酸基および水酸基から選ばれる少なくとも1種の基とエチレン性不飽和結合を有する基とを有する重合性モノマーの含有量が50質量%を超える。近赤外線カットフィルタ、固体撮像素子、画像表示装置および赤外線センサは、硬化性組成物から得られる膜を有する。