国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018221083) 受動Qスイッチパルスレーザー装置、加工装置および医療装置

Pub. No.:    WO/2018/221083    International Application No.:    PCT/JP2018/016608
Publication Date: Fri Dec 07 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Wed Apr 25 01:59:59 CEST 2018
IPC: H01S 3/113
A61B 18/20
H01S 3/00
Applicants: SONY CORPORATION
ソニー株式会社
Inventors: KAMATA, Masanao
鎌田 将尚
MIZUMURA, Sumito
水村 澄人
Title: 受動Qスイッチパルスレーザー装置、加工装置および医療装置
Abstract:
【課題】レーザー媒質の母材として非晶質材料が用いられる場合において、パルスレーザーにおけるパルス幅の増加とピーク強度の低下を抑制し、光共振器とレーザー装置を小型化しつつ、偏光方向が安定したパルスレーザーを生成することを可能にする。 【解決手段】光共振器を構成する一対の反射手段間に配置され、特定の励起光によって励起されて放出光を放出するレーザー媒質と、前記一対の反射手段間にて、前記光共振器の光軸上かつ前記レーザー媒質の下流側に配置され、前記放出光の吸収に伴って透過率が増加する可飽和吸収体と、を備え、前記一対の反射手段の少なくとも一方は偏光素子であり、前記偏光素子は互いに直交する偏光方向の前記放出光に対してそれぞれ異なる反射率を有する、受動Qスイッチパルスレーザー装置を提供する。