国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018216777) 含フッ素エーテル化合物の製造方法および含フッ素エーテル化合物

Pub. No.:    WO/2018/216777    International Application No.:    PCT/JP2018/020030
Publication Date: Fri Nov 30 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri May 25 01:59:59 CEST 2018
IPC: C08G 65/331
C07C 41/26
C07C 43/13
C07C 67/03
C07C 67/08
C07C 67/307
C07C 69/63
C08G 65/323
Applicants: AGC INC.
AGC株式会社
Inventors: HOSHINO Taiki
星野 泰輝
TAKAO Kiyotaka
高尾 清貴
Title: 含フッ素エーテル化合物の製造方法および含フッ素エーテル化合物
Abstract:
表面処理剤に好適に用いられる含フッ素エーテル化合物の中間体として有用な含フッ素エーテル化合物を収率よく製造できる含フッ素エーテル組成物の製造方法の提供。 下式(1)で表される化合物にR1OHを反応させて、下式(1)で表される化合物、下式(2)で表される化合物および下式(3)で表される化合物を得る、含フッ素エーテル化合物の製造方法。 HO(O)C-Rf2O-(Rf1O)m-Rf2-C(O)OH ・・・(1) HO(O)C-Rf2O-(Rf1O)m-Rf2-C(O)OR1 ・・・(2) R1O(O)C-Rf2O-(Rf1O)m-Rf2-C(O)OR1 ・・・(3) ただし、Rf1およびRf2は、それぞれ独立にペルフルオロアルキレン基であり、mは、2~200の整数であり、(Rf1O)mは、2種以上のRf1Oからなるものであってもよく、R1は、1価の有機基である。