国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018216767) 気流発生装置及びその製造方法

Pub. No.:    WO/2018/216767    International Application No.:    PCT/JP2018/019991
Publication Date: Fri Nov 30 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri May 25 01:59:59 CEST 2018
IPC: B01J 19/08
H05H 1/24
H01T 19/00
Applicants: ASAHI RUBBER INC.
株式会社朝日ラバー
TOSHIBA ENERGY SYSTEMS & SOLUTIONS CORPORATION
東芝エネルギーシステムズ株式会社
Inventors: WATANABE, Nobuyoshi
渡辺 延由
SATO, Hideaki
佐藤 英昭
WATANABE, Yutaka
渡邊 豊
YAMAZAKI, Kenichi
山崎 顕一
ASAYAMA, Masahiro
浅山 雅弘
TANAKA, Motofumi
田中 元史
YASUI, Hiroyuki
安井 祐之
OSAKO, Toshiki
大迫 俊樹
Title: 気流発生装置及びその製造方法
Abstract:
誘電体基材と電極を化学結合で化学的に架橋して強固に接合し、誘電体基材を挟む電極間でのプラズマ放電により効率的で均一に気流を発生でき、柔軟性・耐熱性・耐候性・耐光性に優れ、剥がれず断線や破損を生じない気流発生装置を提供する。 気流発生装置1は、ゴム弾性体材料からなる第1の誘電体基材15とそれの第1の面15up又はその近傍に設けられた第1の電極16と第2の面15downに設けられた第2の電極14と第2の電極14を覆うゴム弾性体材料からなる第2の誘電体基材13とを備え、第1の電極16と第2の電極14との間への印加電圧による第1の面15up近傍の気体の一部のプラズマ化により気流を発生させるもので、第1の電極16及び第2の電極14と第1の誘電体基材15との接合部位、及び第2の電極14と第2の誘電体基材13との接合部位、並びに第1の誘電体基材15と第2の誘電体基材13との接合部位が、化学結合で化学的に架橋して接合している。