このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018216722) 粉体の疎水化度の解析方法、高疎水化度処理着色顔料、並びにこれを含有する化粧料
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/216722 国際出願番号: PCT/JP2018/019807
国際公開日: 29.11.2018 国際出願日: 23.05.2018
IPC:
G01N 13/00 (2006.01) ,A61K 8/06 (2006.01) ,A61K 8/19 (2006.01) ,A61K 8/29 (2006.01) ,A61Q 1/02 (2006.01) ,A61Q 1/06 (2006.01) ,A61Q 1/10 (2006.01) ,A61Q 1/12 (2006.01) ,A61Q 19/00 (2006.01) ,C09C 1/24 (2006.01) ,C09C 1/36 (2006.01) ,C09C 3/10 (2006.01) ,C09C 3/12 (2006.01) ,G01N 15/04 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
13
表面または境界効果,例.湿潤力,の調査;拡散効果の調査;表面,境界または拡散効果の測定による材料の分析
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
02
特別な物理的形態に特徴があるもの
04
分散,乳化
06
乳化
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
19
無機配合成分を含むもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8
化粧品あるいは類似化粧品製剤
18
組成に特徴があるもの
19
無機配合成分を含むもの
29
チタン;その化合物
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
1
メイクアップ剤,ボディーパウダー;メイクアップの除去剤
02
皮膚着色剤を含有する製剤,例.顔料
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
1
メイクアップ剤,ボディーパウダー;メイクアップの除去剤
02
皮膚着色剤を含有する製剤,例.顔料
04
唇用のもの
06
棒口紅
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
1
メイクアップ剤,ボディーパウダー;メイクアップの除去剤
02
皮膚着色剤を含有する製剤,例.顔料
10
目用のもの,例.アイライナー,マスカラ
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
1
メイクアップ剤,ボディーパウダー;メイクアップの除去剤
12
おしろいまたはボディパウダー,例.装飾または吸収用
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
Q
化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
19
スキンケア剤
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
C
顔料または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
1
繊維性充てん剤以外の特定の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
22
鉄化合物
24
鉄酸化物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
C
顔料または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
1
繊維性充てん剤以外の特定の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
36
チタン化合物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
C
顔料または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
3
顔料性または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の一般的処理
10
高分子有機化合物による処理
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
C
顔料または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の処理;カーボンブラックの製造
3
顔料性または充てん剤の性質を改良するための,繊維性充てん剤以外の無機物質の一般的処理
12
有機けい素化合物による処理
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
15
粒子の特徴の調査;多孔性材料の透過率,気孔量または表面積の調査
04
懸濁質の沈降の調査
出願人:
信越化学工業株式会社 SHIN-ETSU CHEMICAL CO., LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区大手町二丁目6番1号 6-1, Ohtemachi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000004, JP
発明者:
犬飼 鉄也 INUKAI Tetsuya; JP
齊藤 光具 SAITO Mitsugu; JP
大川 智生 OKAWA Tomoki; JP
亀井 正直 KAMEI Masanao; JP
森谷 浩幸 MORIYA Hiroyuki; JP
早川 知宏 HAYAKAWA Chihiro; JP
菊池 宏子 KIKUCHI Hiroko; JP
稲場 隆一 INABA Ryuichi; JP
代理人:
特許業務法人英明国際特許事務所 PATENT PROFESSIONAL CORPORATION EI-MEI PATENT OFFICE; 東京都中央区銀座二丁目16番12号 銀座大塚ビル2階 GINZA OHTSUKA Bldg. 2F, 16-12, Ginza 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1040061, JP
優先権情報:
2017-10365425.05.2017JP
2017-18472326.09.2017JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR ANALYZING DEGREE OF HYDROPHOBICITY OF POWDER, HIGHLY HYDROPHOBIZED COLORING PIGMENT, AND COSMETIC CONTAINING SAID COLORING PIGMENT
(FR) PROCÉDÉ D’ANALYSE DU DEGRÉ D’HYDROPHOBICITÉ D’UNE POUDRE, PIGMENT COLORANT HAUTEMENT HYDROPHOBISÉ, ET PRODUIT COSMÉTIQUE CONTENANT LEDIT PIGMENT COLORANT
(JA) 粉体の疎水化度の解析方法、高疎水化度処理着色顔料、並びにこれを含有する化粧料
要約:
(EN) The present invention addresses the problem of evaluating the hydrophobicity of a powder. According to the present invention, a powder is charged into a mixed solvent composed of a lipophilic solvent and a hydrophilic solvent, the voltage rate R of the mixed solvent is measured at predetermined time intervals while adding a lipophilic solvent to the mixed solvent charged with the powder, a parameter x correlating with the concentration of powder is defined for an arbitrary voltage rate R, a continuous function HP(x) of the ratio of a lipophilic solvent corresponding to x is defined, and HP(x) for required x is set as a representative value of a lipophilic solvent ratio distribution and used as an index of hydrophobicity.
(FR) La présente invention aborde le problème d’évaluation de l’hydrophobicité d’une poudre. Selon la présente invention, une poudre est chargée dans un solvant mixte composé d’un solvant lipophile et d’un solvant hydrophile, le taux de tension R du solvant mixte est mesuré à des intervalles de temps prédéterminés tout en ajoutant un solvant lipophile au solvant mixte chargé avec la poudre, un paramètre x corrélé à la concentration de poudre est défini pour un taux de tension arbitraire R, une fonction continue HP(x) du rapport d’un solvant lipophile correspondant à x est définie, et HP(x) pour x requis est défini en tant que valeur représentative d’une distribution de rapport de solvant lipophile et utilisé en tant qu’indice d’hydrophobicité.
(JA) 本発明は、粉体の疎水性を評価するものである。 本発明では、親油性溶媒と親水性溶媒とからなる混合溶媒に粉体を投入し、粉体が投入された混合溶媒に親油性溶媒を添加すると共に、所定時間間隔毎に混合溶媒の電圧率R を測定し、任意の電圧率R に対して粉体濃度と相関するパラメータxを定義し、そのx に対応する親油性溶媒比率についての連続 関数HP(x)を定義した。そして、所用のx についてのHP(x)を親油性溶媒比率分布の代表値として疎水性の指標とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)