国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018216447) 移動体、回路モジュール、無線通信モジュール、および不要輻射対策方法

Pub. No.:    WO/2018/216447    International Application No.:    PCT/JP2018/017540
Publication Date: Fri Nov 30 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Thu May 03 01:59:59 CEST 2018
IPC: H03H 7/075
H04B 1/40
Applicants: KYOCERA CORPORATION
京セラ株式会社
Inventors: KAWATA Toshihiko
河田 俊彦
Title: 移動体、回路モジュール、無線通信モジュール、および不要輻射対策方法
Abstract:
無線通信モジュールの性能を向上させる。移動体は、回路モジュール30を備える。回路モジュール30は、第1端子31と、第2端子32と、接地端子33と、インダクタ34と、第1コンデンサ35と、第2コンデンサ36と、を備える。インダクタ34は、第1端子31および第2端子32の間に位置するノード37と、接地端子33と、の間に設けられる。第1コンデンサ35は、ノード37および接地端子33の間に設けられる。第2コンデンサ36は、第1端子31および第2端子32の間に設けられ、第1端子31および第2端子32の間を流れる信号の直流成分を減衰させる。インダクタ34および第1コンデンサ35の組み合わせが、静電対策用の直列共振回路として機能する。インダクタ34、第1コンデンサ35、および第2コンデンサ36の組み合わせが、信号に対するハイパスフィルタ回路として機能する。