国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018216298) 電気炊飯器及び加熱調理システム

Pub. No.:    WO/2018/216298    International Application No.:    PCT/JP2018/007852
Publication Date: Fri Nov 30 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri Mar 02 00:59:59 CET 2018
IPC: A47J 27/00
Applicants: MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION
三菱電機株式会社
MITSUBISHI ELECTRIC HOME APPLIANCE CO., LTD.
三菱電機ホーム機器株式会社
Inventors: FUJITA, Yoshiyuki
藤田 善行
KAWATA, Yukio
川田 幸男
WAKATSUKI, Yoshinori
若月 芳紀
MORIIWA, Kazuaki
守岩 和秋
KOGURE, Eiji
小暮 栄治
SUGIYAMA, Naoya
杉山 直也
ONITSUKA, Hosei
鬼塚 法正
NINAGAWA, Tomoya
蜷川 智也
Title: 電気炊飯器及び加熱調理システム
Abstract:
炊飯ユニットを載置して誘導加熱する電気炊飯器の過熱防止を図り、利便性を向上させた電気炊飯器及び加熱調理システム。電気炊飯器及び加熱調理システムは、誘導加熱コイルと、第1の入力操作部とを備えた誘導加熱調理器と、誘導加熱調理器の誘導加熱コイルで加熱され米を入れる内釜と、炊飯条件を設定する第2の入力操作部とを備えた炊飯ユニットと、を備え、誘導加熱調理器のトッププレートに炊飯ユニットを載置した状態で第1の入力操作部の上方を炊飯ユニットが覆い隠し、誘導加熱調理器と炊飯ユニットとの間で、炊飯のための制御情報を含んだ赤外線信号を伝達するための赤外線通信部を有し、誘導加熱調理器側の赤外線通信部は、加熱コイルに冷却風を供給する冷却ファンの冷却風が流れる送風路の内部に配置して冷却する。また赤外線通信部と加熱コイルとの間を、冷却風を形成するための仕切り壁によって分離する。