このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018216270) 焼結体およびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/216270 国際出願番号: PCT/JP2018/005206
国際公開日: 29.11.2018 国際出願日: 15.02.2018
IPC:
C04B 35/5835 (2006.01) ,B23B 27/14 (2006.01) ,B23B 27/18 (2006.01) ,B23B 27/20 (2006.01) ,C04B 35/5831 (2006.01) ,C04B 35/628 (2006.01) ,C04B 35/645 (2006.01)
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35
組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
515
非酸化物を基とするもの
58
ほう化物,窒化物またはけい化物を基とするもの
583
窒化ほう素を基とするもの
5835
複合組成物
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
18
一体に取りつけられた切削ビットまたはチップをもつもの,例.ろうづけによるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
27
旋削機械または中ぐり盤用工具;一般に類似した種類の工具;そのための付属品
14
ビットまたはチップが特別な材料でできているバイト
20
ダイヤモンドビットをもつもの
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35
組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
515
非酸化物を基とするもの
58
ほう化物,窒化物またはけい化物を基とするもの
583
窒化ほう素を基とするもの
5831
立方晶窒化ほう素を基とするもの
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35
組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
622
製造方法;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理方法
626
個々のまたは一括しての粉末の製造または処理
628
粉末を被覆するもの
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
35
組成に特徴を持つ成形セラミック製品;セラミック組成;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理
622
製造方法;セラミック製品を製造するための無機化合物粉末の処理方法
64
焼成または焼結方法
645
加圧焼結
出願人:
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
発明者:
石井 顕人 ISHII, Akito; JP
岡村 克己 OKAMURA, Katsumi; JP
代理人:
特許業務法人深見特許事務所 FUKAMI PATENT OFFICE, P.C.; 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号 中之島フェスティバルタワー・ウエスト Nakanoshima Festival Tower West, 2-4, Nakanoshima 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300005, JP
優先権情報:
2017-10469726.05.2017JP
発明の名称: (EN) SINTERED BODY AND METHOD FOR PRODUCING SAME
(FR) CORPS FRITTÉ ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 焼結体およびその製造方法
要約:
(EN) Provided is a sintered body comprising a first phase and a second phase, wherein the first phase is composed of cubic boron nitride particles, and the second phase is composed of a first material which is partially-stabilized ZrO2 in which Al2O3 particles are dispersed along grain boundaries and/or within grains. When two or more cubic boron nitride particles adjacent to and directly contacting each other and directly contacting at least a portion of the surface of the first phase are defined as a contact body, the second phase satisfies Dii=Di+(2×Σdk(k = 1 to n)) and [(Dii-Di)/Dii]×100≤50, where Di is the length of the entire circumference of the contact body, n is the number of contact points in direct contact with the cubic boron nitride particles, dk is the length of the contact points, and Σdk (k = 1 to n) is the total length of the contact points.
(FR) La présente invention concerne un corps fritté comprenant une première phase et une seconde phase, la première phase étant composée de particules de nitrure de bore cubique, et la seconde phase étant composée d’un premier matériau qui est du ZrO2 partiellement stabilisé dans lequel des particules d’Al2O3 sont dispersées le long des frontières de grain et/ou à l’intérieur des grains. Lorsque deux particules de nitrure de bore cubique ou plus adjacentes les unes aux autres et directement en contact les unes avec les autres et entrant directement en contact au moins avec une partie de la surface de la première phase sont définies comme corps de contact, la seconde phase satisfait Dii = Di + (2 x Σdk (k = 1 à n)) et [(Dii - Di)/Dii] x 100 ≤ 50, où Di est la longueur de la circonférence entière du corps de contact, n est le nombre de points de contact en contact direct avec les particules de nitrure de bore cubique, dk est la longueur des points de contact, et Σdk (k = 1 à n) est la longueur totale des points de contact.
(JA) 第1相と第2相とを含む焼結体であって、前記第1相は、立方晶窒化ホウ素粒子からなり、前記第2相は、Al23が結晶粒界および結晶粒内の両方またはいずれか一方に分散した部分安定化ZrO2である第1材料からなり、前記第2相は、前記第1相の表面の少なくとも一部と接触し、互いに隣接し、かつ直接接触する2個以上の前記立方晶窒化ホウ素粒子を接触体と定義し、前記接触体の全周の長さをDiとし、前記立方晶窒化ホウ素粒子が直接接触している接触箇所の数をn、並びにその長さをdkとして、前記接触箇所の合計長さをΣdk(但し、k=1~n)とすると、Dii=Di+(2×Σdk(但し、k=1~n))および[(Dii-Di)/Dii]×100≦50の関係式を満たす。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)