このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2018216250) 弾性車輪および動滑車
国際事務局に記録されている最新の書誌情報    第三者情報を提供

国際公開番号: WO/2018/216250 国際出願番号: PCT/JP2017/043837
国際公開日: 29.11.2018 国際出願日: 06.12.2017
IPC:
B60B 9/10 (2006.01) ,B29B 11/16 (2006.01) ,B60K 1/00 (2006.01) ,B60K 7/00 (2006.01) ,F16F 15/12 (2006.01) ,F16F 15/124 (2006.01) ,F16H 55/36 (2006.01)
B 処理操作;運輸
60
車両一般
B
車輪;キャスター;車軸;車輪の付着力を増大させるもの
9
高弾性車輪
02
バネを用いるもの
10
ゴムまたは同様のもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
11
予備成形品の製造
14
構造または組成に特徴があるもの
16
充填材または補強材を有するもの
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
1
電気的推進装置の配置または取付け
B 処理操作;運輸
60
車両一般
K
車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の配置または取付け;補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
7
牽引車輪内または牽引車輪に隣接するモータの配置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
15
機構の振動防止;不釣合力,例.運動の結果として生ずる力,を回避または減少させる方法または装置
10
機構とともに運動する部材を用いることによる回転機構の振動防止
12
弾性部材または摩擦制動部材を用いるもの,例.回転軸とその上に取付けた軸と相対回転可能な質量の間に用いるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
15
機構の振動防止;不釣合力,例.運動の結果として生ずる力,を回避または減少させる方法または装置
10
機構とともに運動する部材を用いることによる回転機構の振動防止
12
弾性部材または摩擦制動部材を用いるもの,例.回転軸とその上に取付けた軸と相対回転可能な質量の間に用いるもの
121
弾性部材としてばねを用いるもの,例.金属ばね
124
合成樹脂ばね,例.ゴムでできたもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
H
伝動装置
55
運動伝達用の歯または摩擦面をもつ要素;伝動機構用のウォーム、プーリまたは綱車
32
摩擦部材
36
プーリ
出願人:
三菱電機株式会社 MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 7-3, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008310, JP
発明者:
小林 広紀 KOBAYASHI, Hiroki; JP
寺澤 英男 TERASAWA, Hideo; JP
関根 康祐 SEKINE, Yasuhiro; JP
江崎 雄也 EZAKI, Yuya; JP
高橋 市弥 TAKAHASHI, Ichiya; JP
伊藤 洋平 ITO, Yohei; JP
代理人:
曾我 道治 SOGA, Michiharu; JP
梶並 順 KAJINAMI, Jun; JP
上田 俊一 UEDA, Shunichi; JP
優先権情報:
2017-10068522.05.2017JP
発明の名称: (EN) ELASTIC WHEEL AND MOVING PULLEY
(FR) ROUE ÉLASTIQUE ET POULIE MOBILE
(JA) 弾性車輪および動滑車
要約:
(EN) This elastic wheel or this moving pulley is provided with: a wheel core; a wheel that is provided outside in the radial direction of the wheel core; at least three wheel core side pins that are provided to the wheel core; at least three wheel side pins that are provided to the wheel; and a buffer member bridging over the wheel core side pins and the wheel side pins in a state of having tension applied thereto, wherein the buffer member is made of a fiber-reinforced plastic. The elastic wheel or the moving pulley uses the buffer member made of a fiber-reinforced plastic, and thus is more resistant to deterioration than when using a buffer member made of a synthetic rubber. In addition, since tension is applied to the buffer member in advance, the load withstadability of the fiber-reinforced plastic having low compressive strength and high tensile strength can be ensured, and the elastic wheel or the moving pulley can be made light-weight.
(FR) La présente invention concerne une roue élastique ou une poulie mobile pourvue: d'un noyau de roue; d'une roue qui est disposée à l'extérieur dans la direction radiale du noyau de roue; d'au moins trois broches latérales de noyau de roue qui sont disposées sur le noyau de roue; d'au moins trois broches latérales de roue qui sont disposées sur la roue; et d'un élément tampon qui relie les broches latérales de noyau de roue et les broches latérales de roue dans un état où une tension est appliquée dessus, l'élément tampon étant en plastique renforcé de fibres. La roue élastique ou la poulie mobile utilise l'élément tampon en plastique renforcé de fibres et est donc plus résistante à la détérioration que si l'on utilise un élément tampon en caoutchouc synthétique. De plus, étant donné que la tension est appliquée à l'élément tampon à l'avance, il est possible d'assurer la stabilité de la charge du plastique renforcé de fibres ayant une faible résistance à la compression et une grande résistance à la traction, et la roue élastique ou la poulie mobile peut être légère.
(JA) 弾性車輪又は動滑車は、輪芯と、輪芯の径方向外側に設けられる車輪と、輪芯に設けられる少なくとも3つの輪芯側ピン部と、車輪に設けられる少なくとも3つの車輪側ピン部と、輪芯側ピン部と車輪側ピン部との間にテンションをかけられた状態で架け渡される緩衝部材とを備え、緩衝部材は繊維強化プラスチックによって構成される。弾性車輪又は動滑車には、繊維強化プラスチック製の緩衝部材が使用されているので、合成ゴムを用いた緩衝部材を使用した場合よりも劣化に強い。また、緩衝部材に予めテンションをかけるので、圧縮強度が低く引張強度が高い繊維強化プラスチックの耐荷重を確保することができ、弾性車輪又は動滑車を軽量化することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DJ, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JO, JP, KE, KG, KH, KN, KP, KR, KW, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)