国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018216247) 濾過装置の運転方法

Pub. No.:    WO/2018/216247    International Application No.:    PCT/JP2017/043035
Publication Date: Fri Nov 30 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Fri Dec 01 00:59:59 CET 2017
IPC: B01D 29/11
B01D 29/62
B01D 29/64
B01D 29/66
B01D 33/06
B01D 39/12
Applicants: FUJI FILTER MANUFACTURING CO., LTD.
富士フィルター工業株式会社
Inventors: TAKAHASHI Yuichi
高橋 裕一
TAKAHASHI Hiroyuki
高橋 寛行
HORIGOME Akinori
堀米 昭典
Title: 濾過装置の運転方法
Abstract:
濾過、及び逆洗(洗浄)時にフィルターエレメントの濾材に付着、堆積した除去不要物質を効率的に除去対象物(非濾過物質)から分粒して有効活用できるようにした濾過装置の運転方法を提供する。 濾過時に流体中の物質を濾材31の一面に捕捉し、逆洗時に捕捉物質を濾材から離脱させるフィルターエレメント3と、濾材の一面に対して相対移動可能に配置されて該相対移動時に捕捉物質の離脱、及び捕捉物質に対する篩い分けを補助するブラシ144とを備え、濾過実施中に濾材の両面間の差圧が所定値を越えた場合等に逆洗を開始し、差圧解消後、或いは所定時間経過した後に濾過に戻る濾過装置の運転方法であって、濾過中にブラシを作動させて捕捉物質中から除去不要物質を篩い分け、該除去不要物質を他面側へ通過させる篩い分け作業を実施する。