国際・国内特許データベース検索

1. (WO2018216215) タンデム圧延機の尾端蛇行制御装置

Pub. No.:    WO/2018/216215    International Application No.:    PCT/JP2017/019781
Publication Date: Fri Nov 30 00:59:59 CET 2018 International Filing Date: Sat May 27 01:59:59 CEST 2017
IPC: B21B 37/20
Applicants: TOSHIBA MITSUBISHI-ELECTRIC INDUSTRIAL SYSTEMS CORPORATION
東芝三菱電機産業システム株式会社
Inventors: YAMASAKI, Yukihiro
山崎 之博
SANO, Mitsuhiko
佐野 光彦
Title: タンデム圧延機の尾端蛇行制御装置
Abstract:
本発明は、尾端抜けにより生じる被圧延材の蛇行の発生を低減することのできるタンデム圧延機の尾端蛇行制御装置を提供することを目的とする。尾端蛇行制御装置2は、以下の構成を備える。搬送距離演算部26は、被圧延材3の尾端が第i-2ワークロール11cを通過した尾端抜けタイミング以降に第i-1ワークロール11bを通過した被圧延材3の搬送距離を演算する。レベリング操作量管理部27は、尾端抜けタイミング以降にレベリング操作量を記憶領域に蓄積する。加えて、レベリング操作量管理部27は、搬送距離が第i-1ワークロール11bから第iワークロール11aまでのロール間距離に達した後、搬送距離の増加に連動して記憶領域からレベリング操作量を読み出す。レベリング操作量出力部28は、レベリング操作量管理部27により読み出されたレベリング操作量を第i圧下装置14aへ出力する。